父の入院用品

0






    きょうは、父の入院の品の準備をしています。

    箸箱に名前を書いたり、歯磨き、歯磨きコップを用意したり、

    タクシー代を用意したり、正直めんどくさい・・・。

    こんな風に思ってはいけないとわかっていますが。

    入院用品はさっさと片付け、午後はスミヨシ大学図書館へ行ってきまーす。






    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村

    残念、画像の挿入ができない。

    0





      このごろ、愛読しているショコラさんのブログを真似て、

      冷蔵庫横をきれいにしたので、写真をアップしようとしたのですが、

      うまくできません。

      デジタルカメラを使って、「画像の挿入」をしてみましたが、

      やたらに大きな画像になってしまい、

      何度かトライしてみましたがやめました。

      冷蔵庫横に、もう何十年も使っているマグネットフックがあり、

      もとは白だったのでしょうが、変色してきたなくなっています。

      100円ショップで同じようなものを買い、

      付け替えました。

      きれいに画像を入れているということは、ショコラさんはスマホを使っているのかな?

      100円できれいになり、いい気分になれるのなら、ホント100円ショップっていいですね。



      きょうは、めずらしいお休み日。

      気になっていた古写真のデジタル化をするべく、写真を整理しました。

      1枚、1枚の写真より、アルバムになった写真の方が料金が安いということに気がつき、

      写真アルバムを買いに100円ショップに行ったのですが、

      今回は、ページ数の多い普通の文房具店で売っているアルバムの方が結局は得でした。

      (1冊につき○○円と課金されるため。)

      重いアルバムの入った箱を、郵便局まで持っていき、

      デジタル化の会社に送り、1つのお仕事が終わりました。



      今週は父の入院と、それから弁護士さんへ依頼しなければならないので、

      今日、明日とそちらを片付けます。




      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
      にほんブログ村






      夫からのメール

      0









        いろいろなことがあった週なのですが、

        思いがけないことがありました。

        夫からメールが、子ども経由で来たのです。

        夫とは、家庭裁判所調停をへて現在別居しています。

        数年前、離婚はできなかったものの、

        「夫は妻に一切連絡をしないこと。

        なにか連絡が必要なときは、弁護士さんを通すこと。」

        と告げてあります。

        それを無視して、夫は家を訪ねてきたことも数回ありますが、

        いつもわたしは仕事で不在で、

        父親(現在90歳)が家に上げ、お茶なんかを出して接待したことはあります。

        この父親はわたしのことを「ばか」と言う点で、夫と共通しています。



        その夫が、しごとで離れて住んでいる子どもに、

        「お母さんにメールを転送して。」

        と頼んで、メールしてきたのです。

        内容は、

        「○○県の家を借りたいという人がいるけれど、貸していいですか?」

        という、わたしにとっては魅力的な内容でした。

        ○○県には、わたしと夫共有名義の家があります。

        もう10年来空き屋になっていて、今まで、草むしりや垣根の剪定などわたしが人を雇ってしてきました。

        中は、カビも生え始めてきています。

        この家に人が住んでくれて、さらに収入になるなら、そんないいことはありません。

        しかし、しばらくしてふと我に返りました。

        わたしは、

        「弁護士さんを通して連絡して。」といってあるのだ。

        この話に反応したら、今まで「夫とは無関係です。」という状況を作ってきたのに、むだになってしまう。

        裁判所でも、

        「妻と夫は、協力して借家人を受け入れている。」とかなんとか言われて、

        離婚が成立しなくなってしまうでしょう。



        危ない、危ない。

        夫からの転送メールは無視することにします。





        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
        にほんブログ村












        採用試験に不合格

        0






          きょうは、土曜日です。

          土曜日はスミヨシ大学での仕事の日で、午後番だから、いつのゆっくり朝起きるのですが、

          きょうは、ぜひこのブログに書き込みたくて、早起きしました。

          以前から、ちらちら書いていた、月20万円いただける仕事の2次試験、不合格でした。

          もう、がっくり・・・。

          (20万円もらえたら、生活費の心配はなくなる。)

          (定年のない仕事だから、元気な限り働ける。)

          などと夢を描いていたのですが、

          全然かなわない夢でした。



          この仕事に就けたら、夫との離婚話も進めようと思っていたのです。

          有休がもらえる仕事だから、調停に出席することができるからです。

          しかし、今の学校図書館の仕事では、

          裁判所に指定された日に、自由に休むことはできないし、

          何より月10万円の収入では、生活できない。

          このまま婚姻費用をもらい続けた方がいいかな・・・。

          今週は、悲しい出来事のあった日でした。






          にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
          にほんブログ村








          あまりモノを買わないわたし

          0




            きょうは、学校図書館がお休みの日。

            週末に大事な会合があるので、まだ髪が伸びてはいないけれど、

            美容院に行き、またニオイが感じなくなってきているので耳鼻科へ。

            そのあと、ガスの点検員さんが来るというので、

            午後は家で待機しました。

            また、合間を縫って、

            昨日行った精神科でもらった薬の数があわないので、

            薬局へも行きました。

            この薬局、おばあさんが経営しているのですが、

            薬をまちがえて渡すようでは困ります。

            薬局を替えたほうがいいですかね?



            今は、「60代1人暮らし 大切にしたいこと」というブログを見ていたのですが、

            このブログ主さんは、ヤフオクでいろいろなモノを買ったり、

            100円ショップに行ったり、

            無印良品の服を活用したり、とても活発な人のようです。

            わたしは、100円ショップには行かないし、

            無印良品は黒とアイボリーの色しか見当たらないさびしい店、という印象しかありませんでした。

            これから、もう少し出歩く範囲を広げたいと思います。

            100円ショップも無印良品もスミヨシ市内にあるので、偏見をもたず行ってみようと思います。




            にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
            にほんブログ村






            にほんブログ村 メンタルヘルスブログへにほんブログ村







            父の退院につきそう

            0






              きょうは、父の退院日でした。

              老人ホームに入所しているのですが、具合が悪くなり、大きい病院に入院していたのです。

              すぐ調子はよくなり、今日午前中に退院することになりました。

              病院では、寝巻きなどがセットになったものを頼んでいました。

              その方が自分で衣類を用意したり、洗濯したりするより手軽だからです。

              そのセットについていたシャンプーや液体石けんは「必要ないよね。」とそのまま病院において退院してきてしまいました。



              老人ホームに戻ってみると、父の部屋に次に入院する病院のパンフレットが置かれていました。

              こんどは、まぶたの垂れ下がり(眼瞼下垂)を手術するのです。

              その病院のパンフレットを見てみると、

              「石けんやシャンプーをお持ち下さい。」と書いてあります。

              今度の病院は、便利な寝巻きや生活用品のセットはないみたい。

              ショック。

              つい先ほど、

              「必要ない。」と病院の棚に置きっぱなしにしにきたものを、また購入しなければなりません。



              きょうは、午前中は父の退院の付き添い。

              午後はやはり父の確定申告を行い、忙しい1日でした。






              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
              にほんブログ村









              難しくなったブログ村

              0





                きょうは、泣き言です。

                2月から、ブログ村のバナーの貼り付け方が変わったみたいです。

                わたしにとって難しくなりました。

                もうブログ村に参加できなくなるかも・・・。

                さびしい。

                どれだけブログに頼っていたかということがわかりました。







                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                にほんブログ村


                ボロボロさん、ありがとう

                0








                  先日、学校図書館の仕事中に突然父が入所している老人ホームから電話がかかってきました。

                  職員さん「今、病院に来ているんですけれど、

                  お父さまの意識が、・・・眠ってしまっていて、このまま入院してほしいそうなんですが、いいですか?」



                  わたしは、ホームヘルパーをしていたので、職員さんのいいたかったことがすぐわかりました。

                  わたし「意識状態が低下しているんですね。

                  わかりました。」

                  職員さん「それで、入院保証金を持って、すぐいらしていただけませんか?」

                  わたしは、これには困りました。

                  わたしの仕事は、業務委託といって、常に2人図書館司書が配置されていなくてはならないのです。

                  このことは、研修やおりおりの文書でも厳しく言い聞かされています。

                  わたし「仕事が終わってからなら行けますけど・・・。

                  夜、7時頃になってしまうかも・・・。」

                  と言って電話を切ったのですが、ボロボロさんが、

                  「上司さんに頼んでご覧なさい。

                  絶対だめとはいわないから。」

                  と言われ、おそるおそる電話してみました。



                  すると、ボロボロさんの言ったとおり、

                  上司さん「しかたないわね。」

                  ということで、この日は仕事を早退することができたのです。

                  次の日も、ボロボロさんは早番と遅番を替わってくれたし、

                  退院日がすぐ決まったのですが、

                  その日も、本来ならボロボロさんは休みなのですが出勤し、

                  わたしが休めるようにしてくれたのです。



                  ボロボロさんは、図書館については頼りないけれど、

                  けっこういい人なんだ。

                  他人の違う一面を見つけることができました。




                  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                  にほんブログ村









                  一言で相手を激怒させる

                  0





                    きのう、スミヨシ大学図書館でハケンの上司さんが訪問してきて、個人面談がありました。

                    一昨日のクレーマーさんとのやりとりを、

                    わたしはハケンさん共有のノートに書いておきました。

                    外部の方に対して、

                    「ここは図書館です。」というと公共図書館と同じと思われるから、ハケン同士、お互い気をつけましょうという気持ちで書いたのです。



                    しかし、上司さんはそうはとらえなかったらしく、

                    上司さん「あおなさんは、一言で相手をムッとさせてしまうことがあるようですね。

                    わたしも、そういうことをよくやるんですよ。」



                    わたしは、唖然としました。

                    「思いやりのない一言で相手を激怒させる」って、今までのわたしと変りないじゃない。

                    わたしは全然成長していないってこと?

                    それに、上司さんが年に1度の面談でこれを持ち出してくるということは、

                    今までにも、わたしの言葉遣いに問題があり、それを上司さんは知っていたということ?

                    すごくショックでした。



                    ヘルパーの仕事では、「相手を激怒させる」という失敗をよくしていたらしい。

                    でも、図書館では気をつけていたのに・・・。

                    他の司書さんたちは、そういうことは言われていないので、

                    やはりわたしだけなにか問題があるらしい・・・。

                    思った通りを口に出さないということ、気をつけているのですが、

                    やはり、まだできていないみたい。

                    気をつけます。(と言ってもなにが悪いのか、わたしには不明なんです。)





                    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                    にほんブログ村








                    図書館でクレーマーさん

                    0







                      きのう、めずらしく図書館でクレーマーさんに会いました。

                      スミヨシ大学図書館では、「トイレ貸して。」

                      というお願いにはお断りするようにというルールがあります。

                      ほとんどの人は、ご案内すると気持ちよく公共トイレへ向かってくれます。



                      年配のおじさんがやって来て、

                      「ちょっと、トイレ借りたいんだけれど。」

                      わたし「あぁ、トイレでしたら、すぐそばに公共のトイレがございます。

                      ご案内いたしますからそこをお使いいただけませんか?」

                      おじさん「へぇー! トイレも使えないの?」

                      わたし「はい、こちらでは、資料の閲覧以外の方のトイレ利用は、お断りしています。」

                      おじさん「ねぇ、ここは何?」



                      ここで、わたしは、下手なことをいいました。

                      「図書館です。」と言ってしまったのです。

                      図書館といわないで、「研究機関です。」とか「学生さんの授業料で運営している大学図書館です。」

                      といえばよかった。



                      おじさんは、からみたかったのでしょう。

                      乱暴に入館希望証を書き、トイレに向かっていきました。

                      あとで、入館希望証を見たら、

                      汚い字で「所」という漢字が〇でかこんでありました。

                      司書1さんが、所沢市のことを知っていて、

                      「この町名は所沢の町名よ。」

                      というので、「所沢市」ときれいに書き直しておきました。

                      こういう人の対応も、全然平気になりました。





                      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                      にほんブログ村









                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << May 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM