つるが巻き付きました。

0








    きのう支柱を立てたら、もうスイートピーがつるを巻き付けてくれました。

    ちょっとぼやけていますが、ご報告です。

    これから、温かくなると、除草も大変になると思いますが、

    できる日は毎日やろうと思います。

    (すでに、今日は出勤時刻が近く、できないこと確定なんですが・・・。)

    これから、花を育てたり、楽しいことをいろいろやりたいです。








    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村







    スイートピーに支柱を立てる

    0






      今日は、気になっていたスイートピーの支柱を立てました。

      わたしの家には畑があり、昨年何の気なしにスイートピーをまいてしまったのです。

      少し大きくなってから気がつき、

      (しまった。)と思いました。

      スイートピーはつる性で支柱が必要なのです。

      家には、本格的な畑仕事をしていた父の支柱が何本もありますが、

      それを深く差し込み、つるが這うようにするのは難しい。

      それで、きょうはホームセンターに行き、

      支柱を買ってきました。





      わたしの畑には、地下に小石の層があるようで、

      普通のまっすぐな支柱を差し込むのは難しかったのですが、

      買ってきた支柱は難なく立ちました。









      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
      にほんブログ村





      好評な服

      0









        わたしは、あまりファッションに詳しくないのですが、

        少しはおしゃれになりたいと思い、

        ヒルナンデスの「ファッションチェック」は欠かさず見ています。

        また、服に関する本も見ていて、

        その中で石田純子さんの本が1番自分に合うと思い、購入して参考にしています。

        石田純子さんの本そのもの組み合わせが次ぎの写真ですが、




        これ好評で、今まで3人の人にほめられました。

        プロの見立てはさすが違うと思います。

        石田純子さんは、このスカートに合う組み合わせをあと3つ提案しているのですが、

        1つは赤いセーターで、ちょっと、学校にはふさわしくないのでそれはできないし、

        もう1つはライダースジャケットを合わせるというので、

        それはますます学校図書館では着られません。

        最後の1つは、ロングカーディガンを合わせるので、これからの季節にはあいません。

        難しいですが、

        もう少し石田純子さんの知恵を拝借して、服を買っていこうと思っています。




        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
        にほんブログ村







        リュックサック買いました

        0







          わたしは、リュックサックを持っていなくて、

          いつも(買わなくては。)と思っていました。

          勤務先の高校では、生徒たちは皆、黒いブランド物のリュックサックを背負っています。

          店頭で見ると、値段がすごく高い。

          だから、セールのあるときを探していました。

          昨日、ゴーカ堂でスポーツ用品セールがあったので行ってきました。

          店に行くまでは、(わたしも黒いリュックサックを買おう。)と思っていたのですが、

          店に行ったら気が変わりました。



          実は、わたしは災害持ち出し品を入れるためのリュックサックがほしいのです。

          黒かったら、停電なんかのとき、目につきにくいし、

          避難所でも、他の人のモノと紛れてしまうかもしれません。

          ですから、その場の思いつきで。蛍光塗料のついたリュックサックにしました。



          1900円でお買い得なのではと思います。

          懐中電灯やペットボトルに入った水、靴なんかを入れて、寝室に置くつもりです。









          にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村






          質問はしないほうがいい

          0






            きのう、学校図書館のカウンターに、よく本を借りてくれる女子がやって来ました。

            わたしとトヤマさんが一緒にいました。

            トヤマさん「久しぶりだねー。」

            女子「アメリカに行っていたんです。」

            わたし・トヤマさん「すごーい。」

            女子「学校でやっている短期留学です。」



            そういえば、校長がかわり、いろいろ新しい試みが始まったのでした。



            トヤマさん「それ、かわいいねー。」

            女子は親指に指輪をはめています。

            わたしは、親指にはめる指輪なんて初めて見て、

            (いったいなんだろう?

            黒いバンドエイドかな?)

            と思っていたので、(かわいい。)という発想はなかったです。

            女子「ホームステイ先の女の子とおそろいで買ったんです。」

            女子は、アメリカ短期留学がとても楽しかったようで、

            女子「わたしたち、アメリカがすごく好きになって、

            最後にディズニーランドに行ったんですけど、

            もう日本に帰るのがイヤで、

            『このあと日本に来日するんだよね。

            そしてアメリカに帰国するんだよね。』と言い合っていたんです。」

            トヤマさん「へー。」

            女子「飛行機から日本が見えたら、

            1人の子が『日本めっちゃださい。

            海岸線ださい。川もださい。』

            って言っていたんです。」

            トヤマさん「わー、川のことや海のことまで?」

            女子「ホームステイ先のホストファーザーがすごくイケメンで、わたしたち白人のイケメンに目覚めたんです。」

            トヤマさん「へー。」

            女子「だから、絶対国際結婚しようと思っているんです。」



            このあとも、女子とトヤマさんは好きなマンガの話を続けていた。

            トヤマさんはわたしより15歳くらい若い人で、

            高校生に上手に接していると思う。

            わたしだったら、「短期留学」という言葉が出た時点で、

            「アメリカのどこに行ったの?」

            「参加者は何人だったの?」

            と質問していたと思います。

            質問することって、会話に割り込むことで、もしそうしていたら、

            この女子高生はこんなに長く、楽しく話してくれなかったろうと思います。

            わたしが、ホームヘルパーになりたての頃、

            仲間のヘルパーに、

            「あおなさんてツッコミが変。」と言われ、

            もうその人は、8年間のうちほとんど口をきいてくれませんでした。



            それに、「アメリカのどこに行ったの?」

            「参加者は何人だったの?」

            と訊ねて、答えてもらっても、そのメリットがわたしにはない。

            「わたしも春休みアメリカに行っていたんだ。」

            となれば、話も盛り上がるけど、そんな事実はない。

            ただ聞いてみたかっただけ。

            質問をしても、いいことはないんだ。

            肝に銘じておこう。





            にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
            にほんブログ村







            正職員さんから叱られてしまいました

            0





              今日は、ショックなことがありました。

              日曜日は、スミヨシ大学図書館の仕事なのですが、

              カウンターに高校生とその父親がやって来て、

              「スミヨシ大学の過去問題を見に来ました。」

              というのです。

              わたし「図書館には大学院の過去問題はありますが、

              学部の過去問は置いてありません。」

              といったのですが、

              父親「昨日、スミヨシ大学の守衛所に電話したら、

              『図書館に学部の過去問題がおいてあります。

              日曜日も開館しているので、どうぞおいで下さい。』

              と言われたんです。」

              と言うのです。

              父親「どうしても過去問題が見たくて、遠方から来たのですが・・・。」

              と言われて、

              大学のHPにアクセスすると、いろいろな大学の入試の過去問題を掲載しているHPにリンクしていました。

              それで、そのリンクがわかるHPを1枚だけプリントアウトしたり、

              HPをたどっていくと、実際に過去問題が見れるので、

              そのページをその親子連れに見せたりしました。



              わたしとしては、

              (守衛さんが『図書館に過去問題がありますよ。』

              なんて断言するのはやめてほしいなぁ。)

              と言うつもりで、正職員さんへの連絡掲示板にこの出来事をアップしました。

              しかし、今日になってハケン会社を通じてスミヨシ大学図書館の職員さんからお叱りがあり、

              「とにかく『図書館にはありません。HPをご覧下さい。』という対応だけにしてください。」

              と言われてしまいました。

              図書館での仕事も4年目。

              わたしに「慣れ」や「油断」が生じているのかもしれません。

              わたし、だいじょうぶかな?

              大好きな図書館の仕事だけれど、やっていけるかな?





              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
              にほんブログ村






              電気の契約量

              0










                今の家の電気の契約量は60アンペアです。

                これは家を建てたとき、工務店の人に

                「IH調理器を使うなら、60アンペアにしないといけません。」

                といわれ、

                (そういうものかな?)

                と思い、不本意ながらもそうしました。

                昔の家は、30アンペアでした。

                しかし、毎月の電気料金を見るにつけ、

                (アンペア数を下げれば、もっと安くなるはずなのでは。)

                とどうしても思えてきます。

                もともと5人で生活していた家ですが、母が亡くなり、

                父は老人ホームに入り、今はわたし1人。

                IHを使いながら電子レンジを使い、電気釜も使う、ということもありえるけれど、

                もう少し契約量をへらせないかな?

                今考え中です。






                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                にほんブログ村






                新学期始まります

                0







                  4月になったので、恒例の精神科クリニック受診に行きました。

                  不眠症になって困るのは、睡眠導入剤がないと眠れないことで、

                  クリニック受診に毎回時間をとられることです。

                  月3回受診しているので、合計したらけっこうな時間をクリニックの待合室で過ごしていることになるでしょう。

                  それと、3月に受けた健康診断の結果がきて、

                  悪玉コレステロールの値だけ高いので、

                  内科の病院にも行ってきました。

                  医師には、特に心配はないといわれました。

                  それでも、血管の中をドロドロした血液が流れていたらイヤなので、

                  毎日、夕食後お菓子を食べていたのだけれど、

                  もうやめようと思います。

                  年度末のスミヨシ大学図書館は休館だったので、

                  土日の連休を満喫しましたが、とうとう終わり。

                  明日から学校図書館の仕事が始まります。

                  学校図書館での昼ごはんはいつも、コンビニ弁当のお世話になっていたけれど、

                  そろそろ自分で作ったほうがいいかな。

                  コンビニ弁当は揚げ物ばかりなので、イヤだったのです。

                  令和という元号も決まったことだし、わたしも一歩踏み出したいです。





                  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                  にほんブログ村





                  女子会2連チャン

                  0










                    友人のいない私にはめずらしく、

                    「女子会」なるものに参加しました。

                    それも2日続けてです。

                    1日目は、勤務先の高校図書館のメンバーで、

                    高校近くの寿司屋に行きました。

                    回転寿司というので、おなじみの回っているのを予想していたら、

                    ぜんぜん違いました。

                    席にタブレットがあり、注文すると見えない厨房から

                    シュッとお寿司ののった皿が届けられるのです。

                    届けるのは人間ではなく、ベルトコンベアでもありません。

                    読んでいる方には、私が何を言っているのかわからないでしょうね。

                    この仕組みをどう説明したらいいのか・・・。

                    もし、お住まいの近くに回転寿司屋があったら、体験してみてください。



                    翌日は、その高校に非常勤講師として教えに来ている女性と仲良くなり、

                    誘われて高級レストランでランチをしてきました。

                    その女性ミヤベさんは、ガンを克服したそうです。

                    それで、

                    「克服できたのは、○○を飲んだからなのよー。」

                    とさかんに言うので、

                    「○○ってなんですか?

                    教えてください。」

                    といって教わり、帰ってPCで検索してみてがっくりしました。

                    よくある健康食品ではないですか。

                    しかも効果があるかどうか定かではない・・・。

                    わたしは、ミヤベさんが

                    「ガンが小さくなった。」というのも偶然ではないかなぁと思いました。



                    ともあれ、職場の人たちと友好的な関係が築けてよかったです。




                    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                    にほんブログ村








                    父親にふりまわされる日々

                    0





                      90歳の父親が目の手術をしたいと言いだしたのは去年のことです。

                      はじめは「白内障で目が見えにくい。」

                      ということでした。

                      白内障は、今は「日帰り手術」とさかんに宣伝されていますが、

                      90歳なので、眼科の先生も慎重で、

                      「全身の健康診断をしなければならない。」

                      ということでした。

                      それで、介護タクシーを雇い、健康診断に連れて行ったのが昨年の10月のことです。

                      健康診断が無事すみ、いよいよ白内障の手術。

                      4泊5日の入院をするのですが、これも老人ホームから長男に送っていってもらい、

                      手術のときは付き添い、わたしも大変でした。

                      退院しても術後の検診があり、これも介護タクシーを雇って連れて行ってもらわなければなりません。



                      さらに、父親は生命保険に入っていて、

                      その手続きもしなければならず、これが面倒でした。



                      その後、父親は脳のMRIを受けたいがため、

                      「脳梗塞になった。」と騒ぎ立て、入院する事態となり、

                      またしても振り回されました。



                      2月には、目の眼瞼下垂の手術をし、退院。

                      その1週間後の検診、さらに1ヶ月後の検診がきょう終わったところです。

                      もう、父親の起こす問題でお休みをつぶされるのはまっぴらです。

                      これからは、何ごとも起こりませんように・・・。




                      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                      にほんブログ村







                      calendar

                      S M T W T F S
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << July 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM