PTA、子ども会には、表の会長と裏の会長がいる

0
    あおなの住んでいる地域では、子どもが3人以上いる人は、子ども会の役員を2度やらねばならない。

    あおなも2度経験した。

    あおなは、大学時代、ガールスカウトのリーダーや当時住んでいた地域の子ども会の世話をしていた。

    そのあおなからみると、子ども会の内容は貧弱に思えた。

    遊びはいつもビンゴ。

    ビンゴの景品は、100円ショップで買い集めたもの。

    計算できない計算機、消せない消しゴム、すぐこわれるキーホルダーなど、ごみ箱行きになるようなものばかり、とあおなには思えた。



    長男が小学校6年のとき、1回目に役員になった。

    そのときは、未就園の長女がまだ家にいた。

    だから、

    「例年と違うことをしよう。」と提案して、

    「それなら、あおなさんやりなさいよ。」と言われても困ると思い、黙っていた。



    2回目に役員になったときは、長女が6年生のとき。

    もう手はかからない。

    「じゃあ、あおなさん、やってみてよ。」

    と言われても大丈夫だ。



    あおなは、思い切って企画書を作り、役員会で提案してみた。

    あおな 「ビンゴだと景品がいるけれど、景品がいらなくて、子どもたちが楽しめるゲームを知ってるんだけど、やらせてもらえないかな?」

    他の役員たちは、全員賛成してくれた。

    あおなは会長と相談しながらプログラムを作った。

    必要な役割を考え、押しつけにならないように、6人の役員に立候補してもらうようにした。



    あおなの作ったプログラムで、その年の子ども会は大いに盛り上がった。

    公民館の中でできるミニ運動会、紙飛行機大会、クッキー作り。



    ところが、年度末になって、

    役員1 「子どもたちが全員ビンゴがやりたいって言ってるわよ。」

    役員2 「子どもたちのやりたいことをやるべきよ。」

    役員3 「役割分担なんて、いらないわよね。」

    あおな・会長 「本当にだいじょうぶなの?」



    年度末の子ども会は、悲惨だった。

    「役割分担なんていらない。」と言っていたのに、役員の誰も司会をしようとはしない。

    今まで統制のとれていた子どもたちは、公民館の中を暴れまわる。

    なんとかビンゴを終了し、おみやげを持たせて、子どもたちを帰した。



    そのあと、あおな・会長と他の役員との関係は険悪になった(らしい)。

    廃品回収のお金を積み立てたランチ会にも、

    「会長さんとあおなさんは、来なくていいで。」

    と招いてくれなかった。



    あおなは、会長と連絡を取り、常に役員会で全員の賛意を得て行動していた。

    しかし、あおなは決定的な誤りを犯していた。

    あおなが相談を持ちかけていた会長は、「おもての会長」にすぎなかったのだ。

    役員会には、「うらの会長」がいた。

    「うらの会長」に相談し、「うらの役員会」で賛意を得ていれば、ランチ会に加われたであろう。






    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村

    職業には貴賤がある

    0

      あおなは両親から厳しくしつけられた。

      両親からの教えの中に、「職業に貴賤はない」というものがあった。

      どんな職業も、社会に必要なのだ。

      仕事の種類、収入の多寡で人を差別してはいけない、ということだった。



      あおなの大学時代の先輩は、地方の兼業農家の長男だった。

      その父親は土木作業員だった。

      (土木作業員というのは、雨が降ると仕事ができないことが多いので、減収になる。)

      あおなは、この先輩と結婚したいと思った。



      住むところは地方。

      夫となる人の両親は義務教育しか受けていない。

      農業の手伝いもしなければならない。

      もちろん収入も少ないだろう。



      あおなはうれしかった。

      最高の条件だ。

      きっと両親は喜んでくれるだろう。

      なにしろ、職業に貴賤はないのだから。



      「見て下さい、うちの娘を!

      相手の条件がいいから結婚するわけではないのですよ。

      わがままなところがまったくないでしょう?」



      ところが、両親は結婚に反対した。

      私は、それを押し切って結婚したが、その後、両親とは絶縁状態に。



      職業に貴賤なしって、ウソだったの?





      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村

      子ども会・母の会・PTAなどは、子どものためのものではない

      0

        3人の子の母であるあおな。

        保育園、小学校、子ども会、少年野球などの役員を経験してきた。



        あおなの住む地域の子ども会は、運営費用を捻出するために、廃品回収を毎月行っている。

        また、秋祭りには、子どもたちがはっぴ姿で獅子を持って練り歩く。

        沿道の人たちはお獅子の口にお金を入れてくださる。

        これらを合計すると、かなりの金額になる。



        子ども会の会計係が集計するこのお金は、実際の半分の金額として、記帳される。

        地域の人たちへの会計報告にも、操作された金額が記載される。

        残り半分はどうなるかというと、ひそかに積み立てられ、役員である母親たちのランチ代になるのである。



        「子どものために。」と地域の人たちが寄付してくださるお金。

        それを役員のランチ代にしてしまっていいのだろうか。

        あおなは疑問に思っていたが、これは疑問を抱くあおなの方が間違っていた。



        なぜなら、子ども会・母の会・PTAなどは、子どものためのものではないからだ。

        役員をする母親たちが、親睦を深めるための組織なのだ。



        追記
        あおながこの事実に気づいたのはつい数日前。

        子どもが小学生の時、このことを知っていたら、もっとうまく振る舞えたのに・・・。




        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
        にほんブログ村

        友だち同士で役員をやろう

        0


          PTAや保護者会など、どうしても役員をしなければならないことがある。

          あおなは、役員はくじびきや選挙で決めるのだと思っていた。

          また、子どもが、学校や保育園にお世話になっているのだから、役員をするのは当然だとも思っていた。

          この二つは、明示されたルールといえるだろう。



          そんなことはない!



          私は、ガールスカウトのリーダーをしたことがある。

          同じ時期にリーダーになった人は4人いた。

          あおなを除く3人は、小学校時代からの親友だった。



          保育園の母の会の役員をやった時のこと。

          役員は、地区ごとにじゃんけんで決まる。

          先に決まった人が、自分の仲のいい人に、

          「ねえ、いっしょにやろうよ。」

          と誘いかけ、その人が立候補し、役員になった。



          子ども会の役員決めのとき。

          仲のいい人たちで、○○年度にやろうね、と根回しをして、立候補していた。


          役員は仲のいい人とやりたいという暗黙のルールがある。


          何も考えず、PTAや保護者会の役員選出の場へ出席してはいけない!

          仲のいい人がいたら、一緒に役員をやれないか、

          やるとしたら、いつやるのが楽か相談しておこう。





          にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
          にほんブログ村

          不適切な発言

          0





            ホームヘルパーの仕事がないときは、併設されたデイサービスで働くことになっている。



            利用者さんが、歩行訓練するのを介助した時のこと。

            長い廊下を往復する。

            折り返す目印にと、廊下のはしにいすが置いてある。

            あおなが、久保田さん(80歳、男性)を支えながら歩いていくと、久保田さんはどっかりと目印のはずのいすに座りこんでしまった。

            久保田さん 「もう、おれ、ここを動かんぞ。」

            あおな 「・・・。」

            他の利用者さんとヘルパーが、次々と久保田さんとあおなを追いこしていく。

            あおな (つぎは、おやつの時間。久保田さんに早く立っていただかなければ・・・。)



            デイサービスのおやつは、2種類から好きな方を選ぶという方式である。


            あおな 「久保田さん! 早くしないと、好きなおやつを選べなくなってしまいますよ!」



            近くにいたヘルパー2人がふたりとも、

            (えっ!)という顔をしたので、不適切なことを言ったと気づいた。

            でも、なぜ、不適切なのかわからなかったし、今も、わからない。

            どなたか、もしお分かりになるなら、教えていただけませんか?

            役員を決めるとき

            0


              あおなは、二男が保育園に入った時、自由な時間が増えるので、ボランティアに参加することにした。

              その団体には、20名の女性が集まっていて、男性2人が市役所からアドバイザーとして加わっていた。

              20名の女性のうち、5人は、昨年からそのボランティア団体に加わっていて、仲がよさそうだった。

              つまり、新しい15人にとっては先輩にあたる。

              責任者を決める選挙をすることになった。

              市役所の課長 「今年新しく参加した人から選んでください。」

              あおな (昨年から参加している人には、投票できないんだな。)



              選挙の結果、票数が一番多いのはあおなだった。

              あおなは流産したばかりだった。


              あおな (困ったな。

              まだ、体調が思わしくない。

              でも、男性がいるところで、婦人科系のことを言いたくないし・・・。

              しかたない。

              選んでくださった人たちのために、精いっぱいやろう。)

              笑顔で、すっくと立ち上がり 

              「あおなといいます! よろしくお願いします!」


              このボランティアの任期は1年間。

              この1年間の間、あおなは、先輩格に当たる5人から、執拗ないじめを受けることになる。



              5人の中のリーダー格の人が、あおなのことを、

              「あの人は、責任者をすぐ引き受けた。」

              くり返し、陰口を言っていたそうだ。



              選挙で決まったから、

              または自信があるからといって、

              子ども会・PTA・ボランティアの役員をすぐ引き受けてはいけない!



              「わたしには、そんな力はありませんので。」

              「まだ、子どもが小さいので。」

              「家に高齢者がおりますので。」

              などといって、辞退したいという気持ちを示そう。



              本当にあなたにやってほしかったら、2度、3度と話があるはず。

              そうしたら、

              「私などでいいんでしょうか。」

              と、あくまで謙虚な態度で引き受けよう。



              付記

              市役所の課長の、「今年新しく参加した人から選んでください。」という言葉にかかわらず、昨年からの参加者に投票した人もいた。

              昨年、責任者をつとめた人は、今年も責任者になろうというつもりで参加していたのだ。

              このボランティアの場合、明示されたルールは、市役所課長のことばである。

              暗黙のルールは、「経験があり、リーダーシップもある○○さんが、責任者をやりたがっている」である。

              この場合は、暗黙のルールに従った方が、物事はスムーズに進んだと考えられる。






              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
              にほんブログ村

              大切でないことは、聞きながそう2

              0

                上司と2人で川田さん(80代、男性)のお宅へ行った時のこと。

                川田さん 「北野さんはどうした?」

                あおな (北野さんというヘルパーはいない。私の知らない人のことを話しているんだな。)

                上司 ちょっと目を見開いて、

                「北野は今、別のお客様のところに行っております。」

                川田さん 「男の人?」

                上司 「そうなんですよ。・・・」

                となごやかに会話が続く。



                上司の話しぶりで、川田さんは喜多川ヘルパーのことを「北野さん」とかん違いしていることがわかった。



                もし、私が上司の立場だったら、

                あおな 「北野さん? そんなヘルパーいませんけど・・・。」

                川田さん 「えっ。 おれぼけたのかな・・・。」

                というような展開になったことだろう。


                会話の中の小さな言いまちがいにこだわっても、利益はない。




                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                にほんブログ村

                こだまでしょうか

                0

                  3月11日の大震災以来、ACの広告で何度も流されている次の詩。


                  こだまでしょうか

                  金子みすゞ

                  「遊ぼう」っていうと

                  「遊ぼう」っていう。


                  「馬鹿」っていうと

                  「馬鹿」っていう。


                  「もう遊ばない」っていうと

                  「遊ばない」っていう。


                  そうして、あとで

                  さみしくなって、


                  「ごめんね」っていうと

                  「ごめんね」っていう。


                  こだまでしょうか、

                  いいえ、誰でも。





                  「変ってる。」

                  「みんな、あおなさんのこと変ってるって言ってるわよ。」

                  「ばか。」

                  「気持ちわるい。」



                  あおなは、そんなにひどい言葉をまわりの人に言ってきたのでしょうか。






                  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                  にほんブログ村

                  疲れを感じない

                  0

                    ヘルパーステーションにて。

                    ヘルパー1 「疲れるわよね。」

                    ヘルパー2 「土・日くらいゆっくり休みたい。」

                    ヘルパー3 「わたし、きのう、疲れすぎて、親にあたっちゃったわ。『50近い娘なのにどうしたのかしら?』って、びっくりしてた。」



                    あおなは、疲れるということがない。

                    今まで(アスペルガー症候群でないかと思うまで)は、ここで、

                    あおな 「わたしって、全然疲れないんですよ。」

                    と口をはさむところだが、今回は黙っていた。

                    (あおな以外の人は疲れるんだな)と思いながら・・・。



                    ある日、あおなは腰痛になり、医院へ行った。

                    あおな 「腰が痛みます。」

                    医師 「今痛みますか?」

                    あおな 「今は痛くないんですけど、だんだん痛くなって、夜なんかすごく痛いんです。」

                    医師 「疲れると痛くなるんですね。」



                    あおなも疲れていたのか!

                    でも、疲れを感じなかっただけなんだ!

                    疲れを感じないからといって、働きすぎて体を壊したりしなければいいのだが・・・。











                    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                    にほんブログ村

                    暗黙のルールがわからない

                    0
                      幼稚園の時のことだ。

                      運動会で「だるま競争」があった。

                      ダルマのはりぼてをかぶって走る競争だ。

                      教師がダルマのはりぼてを作るのが、間に合わなかったのだろう。

                      ダルマのはりぼてをかぶる予行演習はなかった。

                      本番の時、初めて、はりぼてをかぶることができた。

                      目の部分に穴があいていて、前が見えるはずだった。

                      でも、私の身体にあっていなかったのか、前が見えず、ただまっくらやみが広がっていた。



                      「ダルマのはりぼてというハンデをつけて、速さを競うものだ」ということが今なら分かるが、当時の私にはわからなかった。

                      私は、子ども心に思った。

                      (まっくらの中で、こわがらずに走る競技なんだな。)

                      前が見えないまま走り、観客席に突っ込みそうになった。




                       
                      その場でどんなことが要求されているのか、考えよう。

                      考えてわからなかったら、人にたずねよう。








                      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                      にほんブログ村


                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM