親を無条件で好きでいる時間

0








    きょうは、カブキを見に浅草へ行ってきた。

    浅草って、お店がいっぱいでとても楽しいところですね。



    カブキは、1日に2回公演があり、それが1月2日から26日まで休みなく毎日続くということにまず驚いた。

    それも、午前、午後、異なる演目に同じ役者さんが出演するのだ。

    もちろん、緊急のときの代役は用意されているのだろうけれど、

    体調管理とか、ヤル気の維持とか大変だろうな。

    1か月も休みなしなんて、わたしには、とてもできない。



    わたしは、イヤホンガイドの力を借りて、なんとか鑑賞できた。

    子キツネが、殺されて太鼓にされてしまった親を慕い、

    1年間も人間に化けて、太鼓のそばにいる、という話がよかった。

    母親と父親をしたうキツネの姿が、保育園の1歳児たちの姿に重なった。



    最後にキツネは、太鼓をもらうことができ、喜んでくるくる回るのだが、

    1歳の子どもたちも、夕方保護者が迎えに来ると、

    「おあかさんだ!」

    と大声をだし、親にまとわりつく。

    親の足元をくるくる回る子どももいる。



    人間の子どもが、親を無条件で好きでいる時間は、

    あんがい短いと思う。

    その時期の子どもたちがさびしい思いをしないように、

    わたしは、保育補助員としてしっかり仕事をしていこう。







    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村







    兵馬俑展

    0









      きょうは、東京・上野で開かれている兵馬俑展へいきました。

      高校の授業で教わったのだと思いますが、

      兵馬俑のことは昔から興味があり、できるなら本物を見てみたいと思っていました。

      11月にカゼをひいてしまい、なかなか体調がもどらなかったので、

      12月になり、やっと展覧会へいってきました。



      すごくよかったです。

      秦の始皇帝は、広大な中国を統一したのに、

      50歳で亡くなったら、その3年後には秦は滅亡してしまったというのに驚きました。



      わたしは、ミュージアムショップでは、あまりモノは買わないけれど、

      きょうは、ぜひ兵馬俑クッキーなどを買いたかったのです。

      あの兵士さんの姿をしたクッキー、パクッと食べてみたいと思いませんか?

      よく探しましたが、兵士さんや馬さんの形のクッキーはありませんでした。

      しかし、チョコレートがありました。

      家に帰って開けてみたら、

      5体全部同じ将軍のかたちのチョコレートが入っていました。

      長男くんや二男くんが遊びに来たとき、

      いっしょに食べようと思います。







      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
      にほんブログ村








      刑務所へいく

      0










        きょうは文化の日でお休みなので、10歳年上の友だち、チズコさん、エツコさんと

        刑務所の見学に行った。

        特別に所内を解放してくれるのだ。

        わたしは、受刑者がはいっていない部屋の中を見ることができるのかと思い、期待していた。



        開門は10時でそれより10分くらい早く着いたが、既に長蛇の列。

        刑務所の周囲はこぎれいな住宅街で、道路も広く明るい感じだった。

        待つこと数分、正門で芸能人によるテープカットが行われていたらしいが、

        ずっと後ろに並んでいたので、なにがなんだかわからない。

        門が開き、ずーっと入っていき、刑務所内ツアーの受け付け場へ行くと、さらに長蛇の列。

        わたしたち(またぁ?)

        わたしは、チズコさん、エツコさんのうんざりした雰囲気を感じ取れたけど、

        ここであきらめるわけにはいかない。



        結局1時間も待ち、やっと「入所」できました。

        期待していたのは、受刑者の部屋や食堂を見れるかと思ったのですが、

        運動場、工場、風呂場、体育館、更衣室、日本庭園などを見れただけでした。



        刑務所内は広々としていて、雑草などなく、とてもきれいでした。

        刑務所の食事も買えるということで、食べたかったのですが、

        限定○○食だったので、1時間並んでいた間に売り切れになっていました。

        チズコさん、エツコさんと久しぶりにあえてよかったです。

        お2人からも、「楽しかったです。」というメールが来ました。

        このお2人との関係を長く続けていけたらな、と思います。







        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
        にほんブログ村







        国会見学

        0










          きょうは、ホームヘルプも保育園も休みなので、

          前から行きたかった国会の見学に行ってきた。

          国会についたのは、9時35分くらい。

          わたしの前にいたのは女性2人だけだった。

          それから少し待ち、9時45分に受け付けが始まった。

          わたしのあとから、たくさんの人が並んでいたようだった。

          受け付けをすませ、ロビーへ入ったが、ここがとても広い。

          また、わたしは個人で行ったのだが、はとバスのような団体客が既に100人以上ロビーで待っていたのには、驚いた。

          本会議場は、思っていたより狭くて暗く、冷房がきいていたら、眠くなるだろうという雰囲気。

          国会の中を案内してくれたのは、警察官で、

          マニュアルのようなことを言うだけなので、見学はさらっと40分くらいですんだ。

          今まで、前田侯爵邸とか日銀本店とか、思い入れのこもったガイドをきいてきたから、

          あっさりと感じられたようだ。

          出口まで案内されたとき、

          (えっ?

          もう、これで終わり?)

          という感じだった。ほかの見学者も、

          (もう終わり?!)と感じていたみたいだった。



          こんどは、ぜひ国会の本議会か委員会の傍聴に行ってみたいと思っている。



          国会までいったのは、いい気分転換になりました。








          にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
          にほんブログ村







          喫茶店サボール

          0










            きょうは、以前から行きたかった喫茶店サボールに行った。

            サボールとは、神保町にある実在の喫茶店。

            東京FMで日曜夕方17:00から放送されている「アベレイジ」で、

            主人公のサラリーマン安部礼司が利用している喫茶店だ。



            サラリーマンが利用している店だから、広くて天井が高く、

            ゆったりした店がまえを考えていたが、予想していたより、コンパクトな店内で、大学生でいっぱいだった。

            カレーを注文したのだが、ほかの客に運ばれているスパゲッティを見て、

            その多さにびっくり。

            (きっとあれは、特大盛りだ。

            ふつうサイズはもっと少ないはず。)

            と思っていたのだが、

            実際に運ばれてきたカレーは、やはり多くて食べきれなかった。

            サボールさん、残してすみませんでした。



            きょうは、ニコライ堂やお茶の水にある大学を見ることができ、

            とてもいい経験になりました。







            にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村









            ひっそりと消えていた学校

            0








              土曜日に「古地図歩きの会」に参加した。

              古地図歩きの会というのは、先生が都内を案内してくれる会である。



              新宿区の小泉八雲邸跡に行ったとき、

              わたしは、その隣に聞いたことのある学校を発見した。

              私立S女学園である。

              このS女学園は、新宿区には中学校・高等学校があるが、

              ほかの場所に短期大学部もあるはずだ。

              わたしの知っている女性が、S女学園短期大学に進学したからだ。



              わたしは、帰宅してから、S女学園短期大学について検索してみた。

              どこにあるのか気になったからだ。

              わたしの知っている女性は、会うたびに、通学が不便なことをぐちっていた。

              いったいどこにあり、どのくらい住吉市から遠いのだろう?



              ところが、S女学園短期大学は、いくら探してもでてこなかった。

              わたしは、

              (S女学園短期大学というのは、わたしの記憶違いだったのかな?)

              と一瞬思ったが、そんなはずはない。

              S女学園短期大学に進学した女性は、

              「あおなさんの大学のサークルに入りたい。」

              と言って、わたしの大学を訪ねてきたことがあった。

              当時、わたしの大学には、サークル活動のためにだけ使われる建物があり、

              そこには、いろいろなサークルの部室が集まっていた。

              わたしは、その女性に、

              「なにがやりたいのですか?

              スポーツ? 音楽?」

              とたずねるのだけれど、その女性は、

              「ウフフ、ウフフ・・・。」

              というだけで、要領を得ない。

              そこへ、童謡研究会の男性がやってきて、

              「きみ、童謡研究会に入らない?」

              とその女性を勧誘した。

              すると、その女性は、即座に童謡研究会に入ったのである。

              わたしは、驚いた。

              (特にやりたいこともなく、ただ、サークルに入りたかったんだ・・・。)



              そのあとで、童謡研究会の名簿を見せてもらったことがあるが、

              はっきり「S女学園短期大学在学」と書いてあった。



              S女学園短期大学は、30年前にはたしかに存在したけれど、

              経営不振かなにかで閉校になってしまったのだろう。



              この童謡研究会に入部した女性は、短大卒業後は大手証券会社に勤め、

              そのあと大企業に勤める男性と結婚したらしい。

              「グチをいうような短大」に進学したことは、

              かえって「こんな状況から抜け出したい」というパワーをこの女性にあたえたのじゃないか?

              今のわたしには、そんなふうに思える。






              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
              にほんブログ村







              聖マーガレット礼拝堂へ行く

              0











                きょうは、立教女学院の聖マーガレット礼拝堂へ行きました。

                パイプオルガンのコンサートを聞きに行ったのです。

                ちなみに、「聖マーガレット」とは、弱者救済をおこなったイギリスの王妃の名前だそうです。

                立教女学院は、明治初期に創立のミッションスクール。

                ユーミンや酒井順子さん(作家)の母校として、有名ですね。

                わたしとは、全然関係ないお嬢さまの世界をかいま見てみたいという気持ちもありました。



                集まった聴衆は、高齢者が多く、高価そうな服を着ているわけでもなかったので、ほっとしました。

                パイプオルガンは、初めて聞きました。

                取っ手が多数ついていて、押したり、引いたりすると音色が変わるようです。

                いくつかの曲を聞きましたが、

                たいていは、曲のはじめにとっての操作をするのですが、

                ある曲は、曲の途中で譜めくりをする人が取っ手の操作をしていました。

                パイプオルガンは、オルガンそのものの音と、

                設置されている建物内での響きを楽しむもののようです。

                杉並区文化財である聖マーガレット礼拝堂の中で、

                パイプオルガンの音を楽しめて、とてもよかったです。








                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                にほんブログ村







                鳥獣戯画展

                0






                  きょうは、鳥獣戯画展を見にいった。

                  とても混んでいるらしいことは知っていた。

                  もしかしたら、入れないかもしれない。でも、雰囲気だけでも味わおうというつもりで行った。

                  博物館の前に行くと、行列ができていて、

                  博物館の名前入りの日傘を、無料で貸し出していたり、

                  誰でも飲めるように、水分補給用のジャグがおいてあったりした。

                  1時間20分くらい暑い中で待った。

                  やっと館内に入れたが、

                  1号室は、鳥獣戯画ではなく、変色した仏画の展示だった。

                  2号室に入らないと、鳥獣戯画は見れないのだが、ここでもまた、

                  大勢の人が並んでいて、数10分は待たなければならない様子。



                  わたしは、ここであきらめて、ミュージアムショップをのぞいて、帰ってきた。

                  お目当ての鳥獣戯画は見ることができなかったけれど、

                  「人気のあるものを見にいく」という体験ができた1日でした。









                  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                  にほんブログ村











                  大英博物館展に行く

                  0








                    わたしは、子どものころ、「ツバメ号とアマゾン号」

                    という本に夢中になっていました。

                    子どもたちが、ヨットで冒険する話。

                    おとなになってからは、すっかり忘れていたことを、きょう思いだしました。



                    きょうは、「大英博物館展」を見に、東京都美術館へ行きました。

                    展示物の中に、「ツバメ号とアマゾン号」に出てくるものが、たくさんありました。

                    展示されている「ピースオブエイト」は、

                    「スペインで鋳造された銀貨で、初めて国際的に流通したもの。」だということでした。

                    ミュージアムショップで売られている「スカラブ」は、

                    「古代エジプトの甲虫型の護符」ですね。

                    「ツバメ号とアマゾン号」に出てくるこどもたちは、

                    時計のことをクロノメーターと呼んでいたけれど、

                    「ビーグル号のクロノメーター」も、しっかり見てきました。



                    自分が子どものときは、気がつかなかったけれど、

                    「ツバメ号とアマゾン号」にでてくる子どもたちは、

                    ずいぶん難しい言葉や専門的なものを知っていたんだな、とちょっと不思議な感じがしました。









                    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                    にほんブログ村






                    築地へ行きました

                    0







                      ホームヘルパーをしながら、月曜日から金曜日まで保育園の仕事を始めました。

                      とても忙しいですが、

                      がんばって、きょうは、「古地図歩き」に参加しました。

                      古地図歩きというのは、先生の案内で、東京を歩く会です。

                      きょうは、築地に行きました。

                      先生は、名所やグルメには興味がないみたいで、

                      築地市場ではなく、築地に残る「水路跡」を見てまわりました。



                      わたしも、ショッピング、グルメばかりの情報番組にはうんざりしてますが、

                      せっかく築地に行ったのに、「水路跡」ばかりってちょっと悲しい。

                      築地市場にも行きたかったです。



                      5月から土曜日にも保育園の仕事があることになり、

                      この古地図歩きの会に、参加できるかあやしくなりました。

                      この古地図歩きの会のメンバーや、10歳以上年上の友人と歩く楽しさと比べると、

                      ひとりで歩くのは、さびしいし、おもしろくないですね。

                      まぁ、それがわかっただけでも、収穫と考えます。







                      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                      にほんブログ村





                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728293031
                      << August 2019 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM