くりかえされる会話

0







    ヘルパー休憩室にて。

    以前、「4月からなにか新しいこと始めたい。」

    といっていたヘルパー1さんが、また同じことを言い出した。



    ヘルパー1さん「なにか楽しい習い事ってないかなぁ?」

    ヘルパー2さん「そうねぇ。」

    ヘルパー1さん「わたし、あんまりうまくしゃべれる方じゃないんだよね。

    教室の受付の人や、コーチの人と楽しくおしゃべりできるほうじゃないからぁ。」

    ヘルパー3さん(信じられないというように)「えーっ?」

    ヘルパー2さん「テニスとかゴルフは?」

    ヘルパー1さん「うーん。

    お金かかりそうだよね。」

    ヘルパー2さん「ゴルフでも、打ちっぱなしだったら、お金かからないんじゃない?

    それで、うまくなったら、コーチの人と・・・。」

    ヘルパー3さん「コーチの人と、なに?!」

    ヘルパー2さん「コーチの人と、ゴルフコースに行くとか・・・。」

    ヘルパー3さん「あー、そう。びっくりしたぁ。」



    ここで今まで黙っていたヘルパー4さんが口を出した。

    ヘルパー4さん「もう、ヨガ教室に通ってるじゃないの。」

    ヘルパー1さん「あのヨガ教室ね、先生が体調悪くしたり、

    生徒もわたしより年齢の高い人が多くて、精神的に病んでる人もいて、

    いやしにならないんだよね。」



    ああ、そういうことなんですか。

    このヘルパー1さんの「新しい習い事」って、ずいぶん前から同じことを言ってるんだけれど、

    なぜ、行動に移さないのか?

    アスレチッククラブでも、スポーツ教室でも、

    具体的に探してみればいいのに。

    それに、なぜほかのヘルパーはそう指摘しないのか?

    わけがわかりませんでした。







    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村





    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM