上棟式はするべきか?

0








    2月23日は、上棟式の日です。

    父親(86才)と工務店の人が話しあっていたとき、

    わたし「上棟式って、なにをするんですか?」

    工務店の人は、なんだか、言いづらそうだった。

    工務店の人「えーっと、食事をだして、1合くらいのお酒をだして、あとご祝儀ですね。」



    わたしにも、だんだん、わかってきた。

    上棟式というのは、家を建てる施主(わたしたち)が、大工さんたちを接待することなんだ。

    だから、工務店の人は口ごもるような言いかたをしたんだ。



    そのあと、工務店の人は、

    「今回の○○市の上棟式は、ご祝儀だけでしたよ。

    食事もなにもなかったです。」

    と父に言っていた。

    父はすごく喜んで、

    「いまは、そういう時代なんだよなぁ。

    それでいいんだよ。」

    といっていた。



    わたしは、父に言われるままに、なんの準備もしてこなかったのだが、

    きょう、ネットで検索してみて驚いた。

    地域にもよるかもしれないが、今でも、上棟式をきちんとやっているところもある。

    午前10時にコーヒーとお菓子の差し入れ。

    お昼に仕出し弁当

    午後3時にお菓子と飲み物

    終了時に手土産(ビール6缶ずつ)

    など、など、・・・。



    わたしは、父に話してみた。

    わたし「いまでも、上棟式をきちんとやっているところがあるみたいだよ。

    12時の食事だけでもだしたらどうかな。」

    父「それは、昔の話だよ。

    それに、ウチはたいした家を建てるわけじゃない。

    金がかかるから、上棟式はやらない。

    工務店の人も、それでいいといっていただろう。」



    なんだか、ちょっとへんだと思う。

    父は、町内会の副会長とか、老人会の役員とか歴任していて、

    生活に困っているわけではない。

    大工さんたちに、気持ちよく家を建ててもらうために、

    接待をしてもいいのではないじゃないかなぁ。

    上棟式、やりたいなあ。







    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村






    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM