力士を応援

0







    上司1さんと、わたしで、犬崎さんの入浴介助をした時のこと。

    犬崎さんは、90才代女性で、すもうが好きだと聞いたことがある。

    犬崎さんが、湯船にゆったりつかっているとき。



    上司1さん「わたし、あ、み、に、し、き、安美錦っていうお相撲さんが好きなんです。」

    犬崎さん「そーお?」

    上司1さん「とってもやさしいお相撲さんなんです。

    わたしのウチは、家族で、応援してるんです。」



    わたしは、「応援してる」という言葉に驚いた。

    相撲のことは、全然興味がなかったけれど、

    少しずつ、テレビの情報にも触れるようにしている。

    相撲が好きな人は、「相撲部屋」というところに、

    お米を俵で贈ったり、

    酒を樽ごと贈ったり、

    懸賞金をだしたり、

    しているらしい。

    もしかして、上司1さんの家族も、食べ物やお金を贈って、「応援してる」のではないか?



    わたし「あのー、安美錦さんの後援会にはいっているんですか?」

    上司1さんは、次の言葉を、すごく速く言った。

    「いいえ、はいってないわよ。」



    そのあとも、犬塚さんと上司1さんの会話は、楽しそうに続いていった。



    今、思っているのは、

    単にテレビを見て、

    「このお相撲さん、勝つといいね。」

    と言いあうだけのことも、

    人によっては、

    「応援する」と認識されているのかな、ということです。






    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村






    コメント
    物や金品を援助して応援する形と、心で応援する形がありますね。
    落ち込んでるとき、ファンの方からの、「頑張ってくださいね。」の一言に励まされることもあるでしょうし、
    それも立派な応援ですよ。
    応援してると言うなら物を贈れ、と言うならものすごい度量の狭い話になるとわたしは思いますが、
    あおなさんはそう思いませんか?
    • ほペパ
    • 2013/07/18 8:15 AM
    後援会やファンクラブなどに入ってはいないが、テレビを通じて声援を送って応援しているというケースですね。
    お客さん相手の仕事なので、テレビもチェックして、浅く広くの話題が必要でしょうか。
    • ゆず
    • 2013/07/18 9:37 AM
    単にファンのお相撲さんのことを「応援している」と言いますよ。逆に「応援している」と言っている人が相撲部屋に金品を送ったり後援会に入って例は私の周囲では全くないです。

    相撲の場合は単なるファンクラブではなく「タニマチ」だしかなり特殊です。一般人にはあまり縁の無い世界。上司1さんは「あなたはタニマチなんですか?」と聞かれたような気がして驚いたでしょうね。
    • ささ
    • 2013/07/20 6:06 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM