他人の顔や体形のことを指摘してはいけない

0
    あおなは、49歳のとき、初めて高校の教員になった。

    小学校などでの経験はあるが、高校で教えるのは初めて。

    授業がへたということと、あおなの性格上の問題もあったのだろう。

    授業は、荒れに荒れた。

    生徒は、みんなあおなのことを嫌っていたと思う。

    小松という生徒は、学力が低く、問題を引き起こしがちだった。

    その小松が、授業中、

    小松 「あおな先生は、みんなに不信感を持たれてるよね・・・。」

    と得意そうに言いだした。

    その時の小松は、顔面が紅潮し、鼻の穴をふくらませていた。

    あおな 「ふふっ・・・。」(と思わず笑う。)

    小松 「なに?」

    あおな 「なんでもないよ。」

    小松 「なんで笑ったの?」

    あおな 「・・・鼻の穴がふくらんでいるから・・・。」



    そのとき、教室中におかしな雰囲気が走ったのを、あおなも感じた。



    他の生徒たち 「他人の顔のことを言うなんて。」

    あおな (まるで、他人の顔のことを笑ってはいけないというルールでもあるみたい。)



    「あるみたい。」ではなく、「ある。」ということは、つい数か月前に知った。









    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM