PTA、子ども会には、表の会長と裏の会長がいる

0
    あおなの住んでいる地域では、子どもが3人以上いる人は、子ども会の役員を2度やらねばならない。

    あおなも2度経験した。

    あおなは、大学時代、ガールスカウトのリーダーや当時住んでいた地域の子ども会の世話をしていた。

    そのあおなからみると、子ども会の内容は貧弱に思えた。

    遊びはいつもビンゴ。

    ビンゴの景品は、100円ショップで買い集めたもの。

    計算できない計算機、消せない消しゴム、すぐこわれるキーホルダーなど、ごみ箱行きになるようなものばかり、とあおなには思えた。



    長男が小学校6年のとき、1回目に役員になった。

    そのときは、未就園の長女がまだ家にいた。

    だから、

    「例年と違うことをしよう。」と提案して、

    「それなら、あおなさんやりなさいよ。」と言われても困ると思い、黙っていた。



    2回目に役員になったときは、長女が6年生のとき。

    もう手はかからない。

    「じゃあ、あおなさん、やってみてよ。」

    と言われても大丈夫だ。



    あおなは、思い切って企画書を作り、役員会で提案してみた。

    あおな 「ビンゴだと景品がいるけれど、景品がいらなくて、子どもたちが楽しめるゲームを知ってるんだけど、やらせてもらえないかな?」

    他の役員たちは、全員賛成してくれた。

    あおなは会長と相談しながらプログラムを作った。

    必要な役割を考え、押しつけにならないように、6人の役員に立候補してもらうようにした。



    あおなの作ったプログラムで、その年の子ども会は大いに盛り上がった。

    公民館の中でできるミニ運動会、紙飛行機大会、クッキー作り。



    ところが、年度末になって、

    役員1 「子どもたちが全員ビンゴがやりたいって言ってるわよ。」

    役員2 「子どもたちのやりたいことをやるべきよ。」

    役員3 「役割分担なんて、いらないわよね。」

    あおな・会長 「本当にだいじょうぶなの?」



    年度末の子ども会は、悲惨だった。

    「役割分担なんていらない。」と言っていたのに、役員の誰も司会をしようとはしない。

    今まで統制のとれていた子どもたちは、公民館の中を暴れまわる。

    なんとかビンゴを終了し、おみやげを持たせて、子どもたちを帰した。



    そのあと、あおな・会長と他の役員との関係は険悪になった(らしい)。

    廃品回収のお金を積み立てたランチ会にも、

    「会長さんとあおなさんは、来なくていいで。」

    と招いてくれなかった。



    あおなは、会長と連絡を取り、常に役員会で全員の賛意を得て行動していた。

    しかし、あおなは決定的な誤りを犯していた。

    あおなが相談を持ちかけていた会長は、「おもての会長」にすぎなかったのだ。

    役員会には、「うらの会長」がいた。

    「うらの会長」に相談し、「うらの役員会」で賛意を得ていれば、ランチ会に加われたであろう。






    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM