4種類目の人間

0





    小谷野敦さんは、「グンはバスでウプサラへ行く」(文学界9月号、p.102)という小説の中で、人間を3種類に分けている。

    1.人間関係において豊かである者。

    2.人間関係において豊かでなく、そこから抜け出したいとあがく者。(自己を客観視できている。)

    3.人間関係において豊かでなく、「学生時代は、あまり人とも話さないような感じで、熱心に勉強していて、立派な学者になったりする者」(p.122)。(自己を客観視できている。)



    小谷野敦さんは、あおなのような人間もいることを見逃している。

    4.人間関係において豊かでなく、自己の客観視もできない者。



    あおなが講師をしていた○○県の小学校に、東○大学卒の学校事務職員高尾さんがいた。

    高尾さんが東○卒と知ったとき、あおなはとても驚いた。

    東○出身者は、官僚になったり、大企業に就職したりするのかと思っていたからだ。

    なんで田んぼに囲まれた小学校の事務職員になったのだろう。



    高尾さんは、3種類目の人間だったのだろう。

    自分が、人づきあいが苦手で、プライドが高いこと。

    大学院へ進学しても、学者になれる可能性は低いこと。

    そういうことがよくわかっていたのだろう。



    高尾さんは、3人いた非常勤講師のうち2人から、とても嫌われていた。

    教員の性格は、用務員や学校給食の職員が一番よく知っている。」といわれる。

    上司である校長、教頭にはみんないい顔をするからだ。

    立場が低く、1年ごとに勤務先が変わる非常勤職員にも、誰も気をつかわない。

    たぶん高尾さんには意地悪なところがあったのではないか。

    そして、あおな以外の非常勤講師は、それを感じとれたのだろう。

    あおなはぼんやり者だから、高尾さんの性格に気づけなかったのだろう。







    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村







    コメント
    あおなさんは、講師をされていたんですね。とてもすごいですね。
    • 田中
    • 2012/04/02 6:12 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM