暗黙のルールがわからない

0
    幼稚園の時のことだ。

    運動会で「だるま競争」があった。

    ダルマのはりぼてをかぶって走る競争だ。

    教師がダルマのはりぼてを作るのが、間に合わなかったのだろう。

    ダルマのはりぼてをかぶる予行演習はなかった。

    本番の時、初めて、はりぼてをかぶることができた。

    目の部分に穴があいていて、前が見えるはずだった。

    でも、私の身体にあっていなかったのか、前が見えず、ただまっくらやみが広がっていた。



    「ダルマのはりぼてというハンデをつけて、速さを競うものだ」ということが今なら分かるが、当時の私にはわからなかった。

    私は、子ども心に思った。

    (まっくらの中で、こわがらずに走る競技なんだな。)

    前が見えないまま走り、観客席に突っ込みそうになった。




     
    その場でどんなことが要求されているのか、考えよう。

    考えてわからなかったら、人にたずねよう。








    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM