司書4さんシニアマンションに入居

0










    今日、すごく驚くことがありました。

    スミヨシ大学図書館は、ずっと閉館していたため、

    他の司書さんとも会うことはありませんでした。

    司書4さんは、すごく不便なところに住んでいる人だと思っていました。

    92歳のお母さんと2人暮らしなのです。



    新しいスタッフさんが入り、

    司書4さんが話しています。

    新人「わたしは、ニシ市に住んでいるんです。」

    司書4さん「わたしもよ。わたしもニシ市に住んでいるの。」



    後から確認したら、司書4さんは引っ越しをしたということでした。

    そして、今日、

    なんとなく話の流れで、

    司書4さん「コロナだから、わたしのマンションに他人が来ることができないの。」

    わたし「えっ、普通のマンション?」

    司書4さん「ううん、シニアマンション。」



    わたしは、「シニアマンション」という言葉に驚きました。

    いくつかシニアマンションが建てられているのは知っていましたが、

    すごく高額なのです。

    仕事を終え、帰宅してさっそくパソコンで検索してみました。

    司書4さんが住んでいるマンションは、

    ご本人が「○○駅のそば」と言ったので、

    すぐ特定できました。

    やはり、すごいお値段。

    司書4さんは、わたしと同じくらいの年齢(アラ還)です。

    わたしと異なるのは、ずっと働いてきたということ。

    働き続けたら、こんなにお金が貯まるのかな?

    92歳のお母様と住むのだから、

    シニアマンションを選ぶのは、ある意味当然です。

    高額なマンションを購入でき、

    そしてやはり高額(とわたしには感じられる)管理費を払える司書4さんに、

    わたしは今日とても驚きました。


    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村






    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM