調理が苦痛です

0






    わたしの中で、何かが切れてしまったのか?

    昔はていねいに料理を作ってきたのですが、

    もう1年以上、料理らしい料理は作っていません。

    具だくさんのお味噌汁のようなものを作り、

    そこに淡色野菜、緑黄色野菜、タンパク質を入れて食べています。

    自分1人だけだから、

    張り合いがないのか?

    ただ面倒なだけ?



    でも、(これではいけない。)という気持ちはあり、

    今日は図書館に行って、

    シニア料理の本をたくさん借りてきました。




    なぜ裏返しのものがあるかというと、

    片面に「スミヨシ市」というシールが貼ってあるからです。

    まず、「1人分」という材料表示が必要。

    それから、

    材料にムダのない本がいい。

    「ゴボウ三分の一本を薄切りにし、・・・」

    なんてあるのは、

    (残ったゴボウ、どうするの?

    そのままにしておくと、すぐ変色してしまう。)

    と思えてきます。

    そういう目で見ていくと、購入したいと思える本はなかなかありません。

    「シニア料理」と銘打ってあっても、

    夫婦2人分を想定したものが多いですね。

    この中では、

    「予約のとれない家政婦makoのひとり分からレンチンごはん」

    というのが1番手軽でした。

    もう少し探して、最良の本を本屋さんで購入します。





    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村






    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << August 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM