離婚裁判2回目

0











    1月28日に、第2回離婚裁判がありました。

    第1回は、弁護士さん同士が顔をあわせる程度のものだったので、

    第2回目からが本番らしいです。

    遠方なので、わたしは出席せず、弁護士さんにお任せしました。



    離婚する人は多いですが、裁判まで進むことは少ないらしいです。

    2週間くらい前の新聞に、上野千鶴子さんの身の上相談が載っていました。

    相談者は若い母親で「DV夫から子どもを連れて逃げたけれど、子どもが夫に似てきてつらい。

    裁判が長引いているのも負担だ。」

    という内容でした。

    上野千鶴子さんは、

    「夫は子どもの親権が欲しいわけではなく、

    あなたに対する嫌がらせ。

    あなたにゆさぶりをかけるためでしょう。

    夫に子どもをわたしてはいけません。」

    と回答していました。

    わたしの子どもは大きいので親権は関係ないですが、

    やはりこの状況はわたしの状況と似ています。

    この新聞記事を切り抜いて、お守り代わりにしよう。

    夫はわたしと離婚を拒否しているそうですが、

    わたしとの結婚を続けたいわけではなく、

    「いやがらせ」と「もしわたしが死んだ場合、夫の身分でいれば東京の家や土地が手に入る」

    という目的なのでしょう。

    「離婚裁判」に直接参加してはいませんが、

    精神的なダメージは大きく、

    最近睡眠薬の量が増えてしまいました。

    この裁判、何年かかるか分からないです。

    次回の裁判は3月です。

    また、グチを聞いてください。

    ありがとうございました。



    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村






    関連する記事
    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << May 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM