本を出す人、出せない人

0







    ショコラさんのブログをいつも楽しみに読んでいます。

    そのブログが1冊の本になるということで、

    わたしは1人の友人を思い出しました。

    その人は、専業作家で自身の本も4冊出しています。

    でもそれは20歳代、30歳代のことです。

    今はもう本を出したりはできないらしいのですが、

    やはり文章の仕事にこだわって校正の仕事をしていると人づてに聞きました。

    わたしは、20年以上他県で暮らしてきたので、

    東京に引っ越してきたとき、その友人に電話をしました。

    できたら会いたいなと思ったのです。



    でも、その時その友人の電話の声がすごく不機嫌そうで、

    またお金の話ばかりするので、

    なんだか怖くなり、それ以来年賀状も出さなくなりました。



    本を出すなんて夢にも思っていなかったのに、チャンスに恵まれたショコラさん。

    本を出版したいと熱望しているのに、かなわず、校正の仕事をしている友人。

    ショコラさんも友人も、あまりお金がないという点では共通しています。

    (失礼な書き方と思う方がいるかもしれませんが、ショコラさんのブログは節約がテーマのブログなので。)

    もし、その友人に会えたら、

    「学校図書館の仕事はあなたに向いているよ。

    司書資格はたった2ヶ月の講習でとれるし、働く場所もたくさんあるよ。」

    と教えてあげたいのですが、

    連絡する勇気がなく、それもできません。

    やはり、その人の心の持ちようって大切なんだな。

    大学時代仲よくしてもらった友人ですが、

    あの電話以来、会う気持ちが起こらないです。

    そして、会ったこともないショコラさんですが、私は書店で本を予約し、発売を楽しみにしています。





    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村







    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM