「大草原の小さな家」を見て

0





    「大草原の小さな家」というテレビドラマが始まり、

    楽しみに見ています。

    このドラマは、初めに放映されたのは私が高校生くらいの頃。

    わたしは、中学生のときローラ・インガルス・ワイルダーの作品を読み、

    夢中になりました。

    高校生のときは、原書を手に入れて読んでいました。

    だから、原作とかなり異なるテレビドラマのストーリー運びに違和感があったのだと思います。

    高校生のときは、このドラマは見ていませんでした。



    今になってこのドラマを見ると、

    なんというキツい暮らしをしているのだろうか、と思います。

    主人公ローラの母は、フランス語が話せ、学校の教員だったというインテリさん。

    家族だけで、文化もなにもない原野に入植するのは抵抗があったのではないか。

    ドラマ第1回目で、早くも主人公一家は、せっかく建てた家を失います。

    これから、何回かワイルダー家は引っ越しをするはず。

    たぶん、そのたびごと何らかの理由で家を失って新しい土地に行くのです。

    原作も読み直したいけれど、

    学校図書館の仕事が忙しいから、ムリかな?

    今は、目の前の仕事に取り組まなければ・・・。




    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村







    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM