喫茶店

0






    あおなの自宅の近くに、知的障害を持つ方たちが働いている喫茶店がある。

    買い物に出かけたあおなは、前を通りかかり、コーヒーでも飲もうかと思った。

    11時少し前のことである。

    店員さんが、ガラス戸をふいているので、

    あおな「やってますか?」

    店員さん「11時からです。」



    あおなは、店員さんの答えに違和感を感じた。

    そして、

    (障害のある方だからしかたないな。)と思った。

    普通なら、

    「あっ、申し訳ありません・・・。11時から・・・なんですよ。」

    などという表現になるはずだ。



    今、思っていること。

    あおなも、その方たちと同じような話し方をしているのではないか?

    単に、情報を伝えるだけの話し方。

    情報以外に何が必要なのか、今のあおなには判然としないが・・・。








    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村







    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << October 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM