プロデューサー名を言いたくてたまらない!

0









    わたしは、ホームヘルパーの仕事をし始めてから、

    ヘルパー休憩室での会話についていけず、

    (テレビを見る必要があるのではないか?)

    と考え、時間の許す限りテレビを見るようにしてきました。



    現在の勤務先学校図書館には、午前中はほとんど人が来ませんが、

    ある朝、女性がはいってきました。

    講師「わたし、今年度からここの講師になったんです。

    わたし、テレビのエキストラもしているのね。」

    わたし「えっ、そんなことできるんですか?」

    講師「このまえ、『家政婦のミタ』に出たの。」

    わたし「『家政婦のミタ』って、市原悦子のですか?」

    講師「いいえ、あれは『家政婦は見た』です。」

    わたし「あぁ、わかりました。

    松嶋菜々子の方ですね。」



    この番組は、電車の車内に松嶋菜々子の無表情な顔のポスターを貼り、

    宣伝していた。

    わたしは、(自分が無表情だ。)という自覚があるので、

    この「家政婦のミタ」は初回から興味をもって見ていたのだ。 



    わたし「わたし、『家政婦のミタ』が大好きだったんです。

    どのへんに出演しているんですか?」

    講師は、「○○の部分です。」と言ったけれど、

    大きな役ではないし、わたしはその部分を思い出せなかった。

    この「家政婦のミタ」は、大平太さんがプロデュースしたもので、

    わたしはそのことも言いたかったけれど、

    あんまり詳しく覚えていると、不審に思われかねないので、

    わたしはプロデューサー名や脚本家名については触れなかった。



    それから、その講師が今度出る映画のことや、他にも映っている作品があることを話した。

    その講師は、

    「わたしは、今『きている』のよね。

    きてます、きてます!」

    テレビを見ているわたしには、すぐにわかった。

    「きてます。」という言い方は、

    ミスター・マリックというマジシャンが使っている言葉なのだ。

    でも、

    「その言葉はミスター・マリックが使っている言葉ですよね。」

    というのも不審がられると思い、にこやかに、

    「きてます、きてます!」

    とその講師と同じことをくりかえした。

    その講師は、おしゃべりして満足したらしく、

    にこやかに帰って行った。



    テレビを見るのは、会話の糸口にもなり、助けられることが多い。

    でも、テレビ視聴は時間のむだであり、少々困っている。



    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村








    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM