私のお給料変わりません

0






    ホームヘルパーは、介護保険法をもとにして働いている。

    この法律に則って仕事をすれば、お客様は料金の1割を負担すればいい。

    残り9割は保険料から支払われる。

    でも、何らかの事情で、料金は全額自分で払うから、ホームヘルパーに来てほしいというお客様もいる。

    そういうケースを「自費」と呼んでいる。



    上司さん「あおなさん、今日、勝俣さんのところ、自費でやってきて。」

    あおな「はい、わかりました。」

    上司さん「報告書には、10:00〜10:30って記録してください。

    でも、実際には、10:00から11:00まで仕事してきて。」

    あおな「?」

    上司さん「勝俣さんの家で働いても、デイサービスの手伝いしても、あおなさんのお給料変わらないから。」



    年金暮らしの高齢者にとって、「自費払い」と言うのは、大きな負担だ。

    「仕事は1時間するけれど、料金は30分でいいです。」というのは、「これからも、ひいきにして下さい。」というサービスなのだが、あおなにはとっさにわからなかった。

    上司さん「もし、勝俣さんが時間のことを気にして、何かおっしゃったら・・・。」

    (ここで妙な間が空いた。

    上司さんもなんといったらいいか、考えあぐねたのだろう。

    あおなは、こういう『間』が苦手である。)



    あおな「『私のお給料変わりませんから。』っていうんですか?」

    上司さん(苦笑して)「いえ、それは言わなくていいです。

    『・・・(この部分は省略)・・・。』と言ってください。」

    上司さんが苦笑したので、あおなの発言が不適切だったことがわかった。



    あおなは、会話の間の「間」のとり方がへたである。

    沈黙がわずかでもあると、不安になり、言わなくてもいいことを言ってしまうことがある。

    人が話しをするのが待ちきれないのかもしれない。

    言葉と言葉の間隔の2,3秒の間が、あおなには数十秒のようにも感じられるのだ。



    ペーパーテストのときには有利に働く、反応の速さ。

    会話のときには、あまり反応が速いと不快に思う人もいると心にとめておこう。






    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村







    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM