人間関係で自分は損をしているって思っている人が読むマンガ

0








    わたしには、子どもが3人いるのだが、そのうちの1人が、

    子ども「お母さんみたいに、人間関係で自分は損をしているって思っている人は、

    このマンガ読むといいよ。」

    と言ってくれた。

    わたしは、マンガは読まないけれど、他人に勧められたのなら読んでみようと思い、

    さっそくキンドルで読んでみた。

    「先生の白い嘘」 鳥飼 茜著 講談社



    読んでみて、

    (えーっ、なにこの話!

    これ、犯罪だよね。)

    と思える行為がぞくぞくと描かれる。

    たとえば、

    合コンで男性が女性につよい酒を勧め、

    女性の気分が悪くなったところで、いっしょにトイレに入り、レイプしてしまうとか・・・。

    それも、その男性、たくさんの女性に同じような行為をし、

    脅迫までしている様子。



    読後感がよくないので、子どもに言うと、

    子ども「こういうことは、よくあることで、氷山の一角なんだよ。」

    とのことだった。



    それにしても、

    「お母さんみたいに、人間関係で自分は損をしているって思っている人」って、

    どういう意味だろう?

    たしかに結婚には失敗したけれど、子どもたちとの生活は楽しかったし、

    今だって、保育補助とか図書館司書とか、充実してすごしているんだけれどなぁ。







    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村











    コメント
    こんにちは。たびたびコメントすみません。

    わたしも不器用な人生を送ってきて、いまあおなさんが紆余曲折の末充実した生活を送られていることに拍手したいです。

    お母様思いのお嬢様は過去のお姿しか知らないので、お母様は今でも真面目すぎて損をしているように見えるのかもしれませんね。




    • めだか
    • 2016/07/22 6:39 AM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM