賞状を捨てる

0






    きょうは、2週間前○○県の家からおくった段ボール箱のひとつを開けてみた。

    わたしには、子どもが3人いるのだが、その子たちの成績表や賞状がでてきた。

    わたしの子どもは、とくに才能もない子どもたちだ。

    しかし、今の学校は「どの子にも平等に」という理念なのか、それぞれ、

    「水泳○級 合格証」

    「消防自動車写生大会入賞」

    「校内写生大会入賞」

    など何枚もあった。

    処分しづらいものだけれど、罪悪感を感じながら処分いたしました。



    ほかには、自分の写真アルバムも出てきた。

    わたしは、自分の写真は数年前にお金を払って、DVD化してもらったのである。

    (えーっ、まだあったの!?)

    という感じ。

    アルバムはきちんとしまってあったのに、日焼けしてホコリをかぶっている。

    これも、ふたたびDVD化するか、捨てるか決めなければ・・・。

    わたしは、ホームヘルパーという仕事がら、お年寄りのお宅をたくさん見ているけれど、

    ある年齢をこえると(70歳くらい?)

    もう片付けはムリになってくると思う。

    重いものも持てないし、不要かどうかという決断もできない。

    粗大ごみ引き取りなどの連絡もできなくなってくる。



    ○○県の家に行くには、新幹線代もかかる上に、

    荷物を送る宅急便のお金もかかる。

    でも、わたしには、まだモノの整理をするだけの気力、体力がある。

    できるうちにかたづけたいと思う。









    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村









    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM