「わたしたちのこと、大バカだと思っているんでしょうね。」 その1

0







    きょうは、ヘルパー1さんのことを紹介します。

    ヘルパー1さんは、とてもおとなしい人で、わたしは今の事業所に勤めて6年目ですが、

    ほとんど話をした記憶がないくらいです。

    背は低く、ふっくらした体型です。

    ヘルパーには、自転車移動が必須ですが、ヘルパー1さんは自転車が苦手だそうです。

    とても汗かきで、汗くさくなるのを気にして、夏はハケンごとにポロシャツを着替えるそうです。

    (1件のハケンは、通常1時間。)

    上司1さんによると、

    「ヘルパー1さんだと、利用者さんにヘルパー拒否がめったに起こらない。」そうです。



    ヘルパー1さんとわたしの性格は大きく違います。

    ハケン先で、調理を頼まれたら、

    ヘルパー1さん「・・・。

    わたしなんか、調理なんてとても・・・。

    お店で買ってきたものじゃだめですか?」

    利用者「あら、あなた、料理にがてなの?」

    こう言いながら、利用者さんは悪い気分ではないらしい。



    同じ状況で。

    わたし「調理ですか?!

    なんでも作りますので、おっしゃってくださいね!」

    利用者「・・・。」

    わたしは、(一生懸命やろう。)と思っているだけですが、

    利用者さんには、負担になるみたいです。

    ヘルパー拒否にあったこともあります。



    先日、ヘルパー1さんから、海老沢さん(70歳代、女性)のハケンを引き継ぎました。

    1日目は買い物代行で、海老沢さんの指示通りの店へ行きました。

    店内で、

    ヘルパー1さん「海老沢さんは、多ければ多いほどいいのです。

    だから、ペットボトルの麦茶5本と書いてあったら、6本買うようにしてください。」



    麦茶だけでなく、ウーロン茶、コーヒーなどヘルパー1さんはどんどん買っていく。

    ヘルパー1さんは、海老沢さんのハケンは長く担当しているので、

    わたしは、(ヘルパー1さんのいう通りなのだろう。)と思っていた。



    わたしは、海老沢さんのハケンを引き継いで、ときどき、

    ヘルパー1さん(心配そうに)「海老沢さん、どうですか?」

    とたずねられることもあったけれど、別になにもなく、毎週訪問していた。



    ある日、なにがきっかけだったか、

    海老沢さん「ヘルパー1さんて、買い物代行が大好きなのよ。」

    といいだした。

    わたし(ヘルパー1さんは、自転車がニガテなはず。

    それに、海老沢さんの注文は大量だ。

    買い物代行は、わたしにとっても大変だけれど、ヘルパー1さんにとっても大変だったに違いない。)

    と思った。

    でも、(反論するのは、この場合、いけない。)と思い、黙っていた。

    海老沢さん「初めは、そんなことなかったんだけどね・・・。

    ヘルパー1さん、『買い物はありますか?』って、電話してくるのよ。

    それも、8時ごろ。」

    わたし「8時って、朝の8時ですか?」

    海老沢さん「朝なら、まだわかるわよ。

    夜の8時よ。

    いくら自分のことでも、前の日の夜、買いたいものなんか考えてないわ。」

    わたし「そうですね。」

    海老沢さん「ヘルパー1さん、買い物を頼むとうれしそうにするから、

    じゃぁ、買ってきてもらおうと思って頼んでしまって・・・。

    ヘルパー1さんに買ってきてもらったもの、飲みきれなくて、

    賞味期限を過ぎてしまって捨てたものもあるのよ。」

    わたし「へーっ。」



    長くなるので、今日はここまでにします。






    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村








    コメント
    あおなさん、こんばんは!
    いつもお返事ありがとうございます。

    私の初めての介護の仕事は17名の入居者さんがいる施設。そこから自転車や車で訪問介護も行ってました。

    最初の訪問先の80代の男性とは同じ故郷ということで話しやすく、一生懸命に掃除や洗い物をさせて頂いていたつもりですが、施設に愚痴のような苦情の電話を入れ、ヘルパー拒否にあいました。
    後でもう1人のヘルパーさんに聞いてわかったことですが、掃除の仕方に違いがありました。

    私が上司に教えてもらったのは、濡らした新聞紙をちぎって撒き、ほうきで掃いて集める。でしたが
    今は雑巾で力を入れてゴシゴシ拭いている。とのこと・・・

    手を抜いていたように思われたようです。
    他の3軒からは拒否にあわなくて良かったです。

    その後はデイサービスに8ヶ月。

    今は入浴介助に行き始めてやっと1ヶ月。
    6年目のあおなさんを尊敬しています♪
    • ジジとメグ
    • 2015/06/23 10:55 PM
    ジジとメグさん、こんにちは。

    ヘルパー拒否は、こちらも傷つくし、収入減になってしまうし、他の人たちにははずかしいし、いやですよね。

    入浴介助のおしごと、がんばってくださいね。

    応援しています。

    これからもよろしくお願いいたします。


    • あおな
    • 2015/06/25 8:46 PM
    ヘルパー拒否は本当にショックでした。

    今の仕事では、立位の取れない方を抱きかかえる時に拒絶されることがあります。

    認知症のため、「あんたはいや」と口癖になってたりしますが、それでも周りにはずかしいです。

    でも、あおなさんとこうしてお話ができて嬉しいです。
    保育所も行ってて忙しいと思いますが頑張ってくださいね。

    私は介護のほかに週1回自宅で書道教室をしています。
    まだ8ヶ月の新米の指導者です。
    書類の整理や毎月の教室だよりの作成に必死です。
    私にはやっぱり無理だったかも・・・と思いながら頑張ってます。

    これからもよろしくお願いいたします。
    • ジジとメグ
    • 2015/06/25 11:35 PM
    ジジとメグさん、こんにちは。

    書道教室の先生ですか!

    たいへんなこともあると思いますが、

    地域の人たちに愛される教室になって、

    長くお仕事をつづけてください。

    これからもよろしくお願いいたします。

    • あおな
    • 2015/06/26 8:44 PM
    ありがとうございます。
    家族4人含めて14人の生徒さんが頑張っています。

    今日は入浴介助で、

    入居者A「頭は洗いません」
    私   「Aさんのシャンプーしますよね?」
    介護士B「します」

    なだめながら何とか洗髪させていただきましたが

    介護士C「えっ?シャンプーできたん?すごい!」

    1〜2ヶ月洗えないこともあるとか・・・
    Bさんからは聞いてない。
    でも、良かったです。
    • ジジとメグ
    • 2015/06/26 10:09 PM
    ジジとメグさん、こんにちは。

    コメントありがとうございます。

    介護の仕事には、「慣れ」も必要だと思います。

    ジジとメグさんが、お仕事に慣れ、楽に過ごせますようにお祈りいたします。

    これからもよろしくお願いいたします。
    • あおな
    • 2015/06/29 9:31 PM
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    << August 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM