雪の季節の心配事

0





    わたしが今、心に1番引っかかっていることは、○○県の家のことです。

    この家は、夫とわたしの共有のもので、10年間空き屋になっています。

    この秋、この家に行ったのですが、カビがはえたりして

    「家がかわいそう。」な状況になっていました。

    夫は、家庭裁判所で、「月1回くらい家の空気の入れ換えに来ますよ。」

    と言っていたのに・・・。



    しかし、夫の言葉を信頼するのはもうやめましょう。

    伸びすぎていた垣根は、根元からすっぱり伐採したことで解決しました。

    もう一つの悩みは、冬雪が降っても、

    わたしの家の前だけ除雪してくれる人がいないことです。

    こういうこともシルバー人材センターに頼めるのかな?

    訊いてみようと思います。





    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村









    庭木の伐採が騒音で中止

    0





      きょうは、数日前に申し込みをした伐採の業者さんが○○県の家に来てくれる日でした。

      朝、電話連絡があり、

      わたし(さぁ、これで庭の木もさっぱりするな。)

      と思っていたのです。

      ところが、11時頃再び業者さんから電話があり

      業者「お隣のAさんが、親子で来て、『うるさい。』と言われ、今日は作業を取りやめました。」

      とのことでした。

      なんでも、Aさんのご主人は夜勤で働いているそうなのです。

      10年前はそんなことなかったから、定年退職して新しい仕事を始めたのかもしれません。

      Aさんが、なにかにつけ文句を言ってくるのは、変わりません。

      また、親子で来るっていうところも変わりません。

      昔は、小さい自分の子どもを引き連れて、文句を言いに来ていましたが、

      もうお子さんも独立しているような年齢です。

      30歳くらいの子どもが、母親に頼まれ、

      隣のうちに文句を言いに行くなんてことしますかね?

      もしかすると、近くに住んでいるご自分の高齢の母親と一緒だったのですかね?

      業者さんには、ちょっと気の毒でした。

      あと少しで作業も終わりそうなので、また明日にでも伐採のほうは終了すると思います。





      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
      にほんブログ村








      庭木の伐採を頼む

      0





        夜よく眠るために、PCは夜立ち上げなくなったので、

        昨日のことを今朝書きます。



        昨日は、「木の伐採をしてくれる業者を探そう。」

        というミッションを胸に早起きをしました。

        ネットを見ると、たくさんの伐採業者が出てきます。

        木を切ってもらうのに、

        高いところだと1本4000円、安いところだと2000円。

        ○○県の家は小さいウチですが、

        周囲に垣根があり、正確に数えてこなかったけれど、

        30本は確実にあります。

        ネットではよくわかりませんが、切った木の後始末の料金が別に請求されるかもしれません。

        「うわー、お金がかかっちゃうなー。」

        と思いながら、たんねんに探していきました。

        なるべく地元の業者さん。

        そして、枝木をきれいに刈り込むのと違いますから、

        ただ切って後始末をしてくれれば、それでいいのです。

        ですから、「植木屋さん」の領域で調べるのはちょっとちがいます。

        木そのものは、わたしが自分でも切れるような細い木です。

        住んでいたときは、自分で自己流に切っていたのだもの。



        じっくり調べたかいがあって、業者さんが見つかりました。

        1本あたりではなく、切った木の量を軽トラック1台に乗るかどうかで値段をつけるのです。

        さっそく申し込み、来週天気がよければ土日に伐採をしてもらうことになりました。

        全部、電話とネットでのやりとりなのですが、

        こういう庭木の手入れは、本来夫のやるはずだったこと・・・。

        こういうことが全部終わったら、

        料金をまとめ、夫に(弁護士さんを通じてですが)請求しようと思いました。




        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
        にほんブログ村









        持っている服のアルバム

        0








          もっているすべての服の写真をとった。

          そして、前からプリンタのインク残量が少なくなっていたことを考え、

          赤、黄、青のインクをいれかえ、

          いざプリントアウトしようとすると、プリンタの調子が悪い。



          しかたがない。

          わたしは、デジカメを持って、写真店に行った。

          わたし「洋服のアルバムを作りたいので、プリントアウトしてほしいのですが・・・。」

          と相談したが、

          写真店では、基本的に「写真仕様」になってしまうということ。

          つまり、上質なつるつるの紙に1枚ずつできてしまうということだった。

          それに、1枚30円になるということだった。

          そこまでの高品質なモノは必要ない。



          次に、コンビニに行ってみた。

          コンビニにコピー機があり、それで写真の印刷もできることは、ホームヘルプのしごとのときに気がついていた。

          (わたしは、私用ではめったにコンビニにいきません。)

          しかし、わたしが使いこなせないのか?

          それとも、写真を9枚同時に1枚のA4用紙に印刷する機能はもともとないのか?

          うまくできなかった。

          コンビニのスタッフにきいてもわからなかった。



          というわけで、「持っている服のアルバム」は、まだできていません。







          にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
          にほんブログ村








          40年前のコートを売る

          0




            わたしは、ブランド物はほとんどもっていない。

            唯一、40年前に買ったのがバーバリーのトレンチコートである。

            わたしが若いころは、こういうものを、

            「一生もの」といってありがたがったものだ。



            しかし、もう何年も着ていない。

            毎年、防虫剤を入れてたいせつに保管しつづけているだけなのである。

            先日着てみたが、全然似合わなかった。

            ゴミとしてすてるべきか、古着屋に持っていくべきか。

            悩んだすえ、近くの古着屋へ持っていった。

            (こんな何十年も前のものを買いとってくださいなんて、恥ずかしいなぁ。)と思いつつ・・・。



            これが、売れたのである!

            500円になったから、ちょっとうれしかった。

            服とか、アクセサリーって、なかなか処分する踏ん切りがつかないですね。

            このコートも、最後に着たのはいつだろう?

            大切にはしてきたけれど、着た回数は少なかったかもしれない。

            今回処分できてよかったです。






            にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
            にほんブログ村







            賞状を捨てる

            0






              きょうは、2週間前○○県の家からおくった段ボール箱のひとつを開けてみた。

              わたしには、子どもが3人いるのだが、その子たちの成績表や賞状がでてきた。

              わたしの子どもは、とくに才能もない子どもたちだ。

              しかし、今の学校は「どの子にも平等に」という理念なのか、それぞれ、

              「水泳○級 合格証」

              「消防自動車写生大会入賞」

              「校内写生大会入賞」

              など何枚もあった。

              処分しづらいものだけれど、罪悪感を感じながら処分いたしました。



              ほかには、自分の写真アルバムも出てきた。

              わたしは、自分の写真は数年前にお金を払って、DVD化してもらったのである。

              (えーっ、まだあったの!?)

              という感じ。

              アルバムはきちんとしまってあったのに、日焼けしてホコリをかぶっている。

              これも、ふたたびDVD化するか、捨てるか決めなければ・・・。

              わたしは、ホームヘルパーという仕事がら、お年寄りのお宅をたくさん見ているけれど、

              ある年齢をこえると(70歳くらい?)

              もう片付けはムリになってくると思う。

              重いものも持てないし、不要かどうかという決断もできない。

              粗大ごみ引き取りなどの連絡もできなくなってくる。



              ○○県の家に行くには、新幹線代もかかる上に、

              荷物を送る宅急便のお金もかかる。

              でも、わたしには、まだモノの整理をするだけの気力、体力がある。

              できるうちにかたづけたいと思う。









              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村









              空き家をかたづける

              0









                きょうは、1週間前、○○県の家から送ったふとん袋の中身を空けて、かたづけた。

                1週間前に○○県の家に実際に行くまで、

                わたし(○○県の家には、新しいタオルやふとんがたくさんある。)

                と思っていた。

                しかし、実際には、タオルは古いものばかりだったし、ふとんもあまりなかった。



                それでも、木綿のふとんばかり選び、ふとん袋2つ作り、佐川急便で送った。

                木綿のふとんは打ち直しができるからだ。

                きょうは、あらためてふとんを確認すると、その中の1枚は新しくふかふかな感触。

                これは十分使えると思った。

                そのふとんは、7年間○○県の家に置きっぱなしにしてあったものなので、クリーニング店に丸洗いを頼んだ。

                ほかのふとんは、打ち直しをしようかなぁと思ったが、

                とりあえず使う状況でもないので、押し入れに入れた。



                わたしは、以前、木綿の敷布団が重いのに困り、

                1枚の敷布団を、うすい敷布団2枚に作りなおしてもらったことがあります。

                これは、とてもよかったです。

                押し入れの出し入れ、ふとん干しも楽にできます。

                年とともに、重いものも持てなくなってくるので、ふとんを軽くできてよかったです。










                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村

                クロネコより佐川のほうがお得?

                0









                  きのう、富士山の初冠雪だったが、

                  きょう、○○県の家に行く途中で、その富士山を見ることができた。

                  とてもきれいでよかったです。



                  ○○県の家というのは、夫とわたしが共有名義で購入したものである。

                  10年前、夫の行動があまりにひどいと思った私は、

                  わたし「この家を出ていきます!」

                  夫「おまえが出ていくくらいなら、おれが出ていく!」

                  といい、夫が出ていってくれたのである。

                  わたしはそのとき、キツネにつままれたような気分だった。

                  「共有名義」といっても、わたしの家の持ち分は5分の1しかない。

                  夫のほうが、権利を主張できるのだが・・・。

                  まあよい。

                  夫が実家に帰ってくれたので、わたしは、○○県の家で楽しく暮らしていた。

                  そして、実家の母ががんに罹患していることがわかり、親の要請で、実家に引っ越して来たのだ。

                  ○○県の家は、7年前から空き家になっている。

                  最初は、泊まって掃除をしたりしていたが、

                  室内にかびが生えたりして、ちょっと泊まるにはためらうような環境になってきた。



                  きょうは、○○県の家に置いたままになっているふとんを取りに行ったのだ。

                  ふとんは、ふとん袋に入れるのだが、

                  クロネコヤマトだと、「やまと引っ越し便」になり、ふとん袋1袋9,000円くらい。

                  宅配便では、ふとん袋は大きすぎるらしい。

                  佐川急便だと、ふつうの宅配便で、ふとん袋2袋、段ボール3個で、1万2,000円だった。



                  クロネコヤマトになじみがあるので、佐川急便はあまり使ってこなかったけど、

                  佐川急便て、お得なんですかね?

                  荷物が5個あるのに、送り状も1枚でよかったんです。

                  クロネコヤマトだと、2個にたいして1枚必要なので、3枚必要なはずです。





                  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村








                  1

                  calendar

                  S M T W T F S
                   123456
                  78910111213
                  14151617181920
                  21222324252627
                  28293031   
                  << July 2019 >>

                  selected entries

                  categories

                  archives

                  recent comment

                  links

                  profile

                  search this site.

                  others

                  mobile

                  qrcode

                  powered

                  無料ブログ作成サービス JUGEM