お墓の悩み

0






    このところ、お墓のことで頭がいっぱいになっています。

    海洋散骨にするか、(これは家族が反対しそう)

    樹木葬にするか、

    納骨堂をさがすか・・・。



    いろいろな業者へも問い合わせ、

    パンフレットがたくさん届きました。

    業者によっては、セールスの電話を毎日かけてくるところもあります。

    驚くほど安い価格の業者もあり、

    ここはどんなお仕事をされているのか不安になるところもあります。

    まだ時間はあるので、ゆっくり決めていきたいです。






    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村








    お墓の見学に行きました。

    0








      昨日、今日、明日と3連休。

      学校図書館もスミヨシ大学図書館もないお休みの日なのです。

      こんなことは、年間を通じてほとんどないことです。

      昨日(3月20日)は、スミヨシ市内のお墓の見学に行ってきました。

      チラシでは、「バス停から徒歩2分」とあるのですが、

      実際に行ってみると、「徒歩2分」の場所にあるのはお墓を紹介する会社で、

      お墓そのものは遠いところにありました。



      お墓そのものは、既に父が建てているのですが、

      そこへ行くのに1時間半はかかる遠すぎる場所。

      いったいどうすればいいのか?

      子どもたちは、20代、30代でお墓に興味がないのか真剣になってくれません。

      また、昨日見学に行った墓地は、

      小さくて、それでも200万円くらいするもので、

      アルバイトで生計を立てている私には贅沢品でしょう。

      「樹木葬」みたいなものがわたしに合っていると思うのですが、

      一応家族のいる私にとっては、お墓を子どもたちに残してあげるのも大切なことかもしれません。

      どうしたらいいのかわかりません。






      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
      にほんブログ村














      亡くなった父親に関わる事務仕事

      0






        きょうは、学校図書館がお休みの日なので、

        父親の亡くなった後の事務処理をしました。

        もう銀行口座を閉鎖してもいいかなと思い、

        記帳してみたら、なんと今日の日付で税金がまだ引き落とされていました。

        この税金をどうしたらいいのか、

        家に帰ってから市役所に電話して訊き、

        手続き方法を教えてもらいました。

        今日は、雨も降っているので、

        銀行に再び行く気持ちになれず、また今度にします。

        平日休めるのは、来週です。

        こういう忙しさによって、臭覚障害になってしまったのかな?

        午後は1ヶ月ぶりの耳鼻科受診です。

        人が亡くなると、いろいろ大変なんだなー。

        私が死ぬときは、あまり子どもに迷惑をかけないようにしたいです。

        わたしは、母親の介護をして大変だったので、

        父親は老人ホームに入ってもらいました。

        そのホームは病院が併設されていて、華美でなく、

        父親の年金でちょうどいいホームでした。

        こういうホームはあまりありません。

        わたしも、老人ホームに入るとしたら、父親が入所していたところがいいけれど、

        わたしのような年金が少ない人にはムリですし・・・。

        悩みはつきないです。






        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
        にほんブログ村











        四十九日終わりました。

        0












          ずっと気にかかっていた四十九日が終わりました。

          法要を主宰するなんて、

          私にはほとんど経験がありません。

          先月のお葬式は、葬儀会社の人が司会をしてくれたので、

          それに従っていればよかったのでラクでした。



          四十九日の準備は葬儀会社の人にしてもらい、

          法要後のレストランの予約再確認、

          来てくれた子どもたちとの役割分担。

          食事前に主宰者がスピーチをするそうなので、

          その練習。また、食事後のあいさつの練習などやることはいろいろありました。



          予定外だったのが、

          お坊さまの話が長すぎたこと。

          お経の始まりは11時で、

          「レストランの予約は12時にとってあるのですがよろしいですか?」

          とあらかじめお断りを入れていたのですが、

          お坊さまがしゃべるしゃべる。

          また、仏壇の中の仏具の置き方が間違っているということで

          ミニレクチャーもあり、

          法要が終わったのが既に12時を過ぎていました。



          家の近くのレストランに慌てて行き、

          さあ、私のスピーチも終わり、

          食べましょうという時になり、

          わたしは、親戚の一番年長のおじいさんに、

          「献盃の発声」をお願いしたのです。

          すると、

          おじいさんはおもむろに立ち上がり、

          「それでは、亡き○○さんの一生をお話いたします。」

          と言いだしたのです。

          「○○さんの若いとき、日本は中国との戦争を始め・・・。」

          わたし(えーっ、献盃!の一言でいいのに、なに考えてるの!)

          と内心ヒヤヒヤしていると、

          やはり同じように感じたであろう親戚の人が、

          「その話は食べながらでいいから、まずは献盃しようよ。」

          と助け船を出してくれて、

          おじいさんも周囲の雰囲気に気がつき、食事を食べることができました。

          デザートまで食べ、

          そろそろ「終わりの言葉」を言わなくてはと思っていたのですが、

          その頃になると、

          タバコを吸いに店外に出る人、トイレに行く人が増え、

          みんな座っていないのです。

          年をとると、みなさん自分勝手になりますね。

          タバコを吸いにいく人に

          わたし「これから『終わりの言葉』をいうのですが・・・。」

          と言ったら、

          「ああ、それは○○くんに言ってもらって・・・。」

          ですって。

          いや、言うのは私なんだけれど・・・。

          とにかくぶじ食事も済み、

          親戚のみなさんにはお帰りいただき、

          長男は夕方、長女は深夜バス、二男は翌日の朝帰っていきました。

          四十九日のために借りてあったイスも、法要のための台も葬儀社にお返しすることができ、

          家の中もすっきりしました。

          1つお役目を終えることができ、肩の荷がおりました。




          にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
          にほんブログ村











          明日は四十九日です

          0






            明日は父親の四十九日を執り行います。

            午前中、葬儀をお願いした葬儀社の人が来て、

            再度、いすを並べたり、礼拝用の仏具を並べたりしてくれました。

            これには、代金は請求されないのです。

            しかし、仏花が1万円ということで、

            (高すぎるな。)と思っていました。

            仏花はスーパーなどでも売っていて、

            1つ600円くらいなものです。

            2つ1組で1万円ということですが、

            お花屋さんに払うのかと思っていたら、

            葬儀屋さんが

            「ウチが立て替え払いをします。」ということで納得しました。

            結局、すべて(いすや仏具のレンタル代など)を含んで1万円ということなのでしょう。

            お花はスーパーなどで売っているのより、多少豪華な感じでした。

            明日、お経の後の食事をする店にも再確認し、

            お配りするおみやげも店の方に届いていると言うことでホッとしました。

            四十九日、お墓探し、相続税・・・。

            いろいろ気ぜわしいことが続きます。




            にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
            にほんブログ村










            忙しかった一日

            0






              きょうは、税理士さんという人に初めて会ったり、

              亡くなった父親の後始末をしたり、することがいろいろありました。

              また、今、父親の遺骨が家にある状態で、お墓を探しているのですが、

              隣のニシ市に新しい霊園ができているのを見つけたりしました。

              アオナ家のお墓は東京のはてのような場所に、既にあるのですが、

              車がないととても行けません。

              また、今までのイメージの、石で作られたお墓を建てるとすると、

              すごくお金がかかるのですね。

              わたしにはムリかもしれません。

              納骨堂タイプのお墓を検討してみようかと思っています。





              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村










              よそのウチの法要を体験しました。

              0






                きょうは、わたしの叔母さんの法要で、

                お寺と食事会に行きました。



                わたし自身も来週、父親の四十九日を予定しているので、

                とても興味深く体験してきました。

                お経に30分くらいかかり、その後車を持っている人に乗せてもらって

                10分くらいかかって移動。

                人数が20人と多いためか、

                お経の後のお坊さんのお話が長かったためか、

                お経終了から、食事開始まで1時間かかりました。



                わたしのところは、11時にお経開始で、

                食事の始まりを12時に予定しています。

                食事をする店は家の近くなのですが、

                大丈夫かな?



                親戚の人に、

                「食事の始まりの時刻をお坊さんに伝えておく方がいいよ。」

                と言われ、その通りだなと納得。

                お返しにいただいたのは、

                有名デパートのカタログギフトで、

                これにもお金がかかっていること、そして心がこもっていることを感じました。

                故人をていねいに見送ろうという心の表れなのでしょう。

                わたしに、「心のこもった四十九日」できるかな?





                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村









                相続の本を借りてきました。

                0






                  きょうは、スミヨシ大学図書館の仕事が休みなので、

                  地元の図書館に行って、

                  「相続」についての本を借りてきました。

                  父親の預貯金や今わたしが住んでいる家など、

                  わたし1人で相続し、相続税を払わなければならないようです。

                  父親が亡くなった後、

                  あわててATMから父親の貯金を下ろしたのですが、

                  そういう行為はまずいことだったようです。

                  20年くらい前に、○○県に住んでいた頃、

                  友人から「おばあちゃんの貯金を、お葬式代ですって言って引き出したの。」

                  と聞いたので、

                  なんだかそうするのが得なのかなぁと思ってしたのですが、

                  そんなことないみたい。

                  また、仕事休みの平日、父親の貯金をもとの金額に戻しておこう。

                  図書館から本をたくさん借りられてよかった。

                  小さい分館だけれど、頼りになる。

                  その中の1冊はマンガで、内容が薄く、これはすぐ返すことにします。

                  後の本はゆっくり読もうと思います。

                  離婚裁判と相続、重なってしまったけれど、

                  だいじょうぶ、わたしならできる。

                  スミヨシ市役所で、相続関係の相談日もあるので、

                  そちらにも相談させてもらい、専門家の知恵も借りながらしようと思います。

                  父の「あおなはバカ。」

                  「お前は変わってる。」

                  という悪態、もう聞かなくてよくなってよかった・・・。

                  父親はどうしてわたしの悪口ばかり言っていたのか?

                  もう考える必要もない。

                  本当によかった。





                  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村









                  父親の確定申告をしました

                  0







                    きょうは、充実した1日になりました。

                    まず、亡くなった父親の確定申告をしました。

                    昨年もしたことなので、「もう分かっている」という気持ちがあり、

                    「医療費控除の明細書」を作らないまま、会場に行ってしまいました。

                    病院などにかかったお金はエクセルにまとめてあり、

                    それをプリントアウトして持って行ったので、

                    会場で用紙に手書きして検算し、なんとか提出できました。

                    なにごとも慢心はいけないですねー。

                    それから、市役所へ行き、

                    「葬祭費の請求」をしました。

                    お葬式にかかったお金を(ごく少しですが)出してもらえるのです。

                    市役所に行く前に、電話して何が必要かたずねてから行ったのに、

                    「わたしの戸籍謄本」が必要だということが窓口に行ってから、わかりました。

                    電話に出た人は、知らなかったのでしょう。

                    しかたがないので、帰宅し、昼食を食べ、

                    予約をとってあった耳鼻咽喉科に行き、

                    もう1度戸籍謄本を持って夕方市役所に行き、今度はすべて終わりました。

                    今日はいろいろな仕事が片付き、耳鼻科でも診察を受けられてよかったです。

                    一昨年に暮れに匂いを感じないことに気がついて以来、

                    耳鼻科での服薬、検査、CT撮影などいろいろしてきましたが、

                    いまだに治りません。

                    父親からのストレスもなくなったことだし、

                    臭覚障害も治るといいのですが・・・。





                    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                    にほんブログ村










                    戸籍謄本の請求 

                    0







                      きょうは、やはり仕事が休みなので、

                      父親の相続の手始めに、戸籍謄本の請求をしました。

                      父親のもともとの生家はスミヨシ市から少し離れた土地で、

                      天気がよければ行ってもいいのですが、

                      今日はあいにく冷たい雨が降っているので、

                      郵便で請求することにしました。

                      郵便で請求すると、

                      「わたしの身分証明書、わたしと父親の名字が異なるので、わたしの戸籍謄本のコピー、

                      請求用紙、返送封筒」

                      などなど、けっこうな枚数の書類が必要なのです。

                      戸籍謄本は高くて、750円分の郵便為替も必要です。

                      そんなことをしているうちに午前は過ぎ、

                      午後は、父親の確定申告の準備をしました。

                      去年も、紛失したものがあり、申告できず残念だったのですが、

                      今年も、1番大きい額になった大病院の領収書が見つかりませんでした。

                      やはり、物事が忙しいときは、モノをしまい忘れたりするんだ、と自己弁護。

                      しかし、ここ数年、領収書がなくても申告できることを思い出し、

                      家計簿で金額をチェックできたので、なんとか申告はできそうです。

                      お年寄りの医療費は高額で、なんだかんだで100万円を超えています。

                      わたしが高齢になったとき、こんなに病院にかかる資力はないので、

                      どうしたらいいんだろう?

                      できるだけ仕事を続けることが、今のわたしの目標です。




                      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                      にほんブログ村










                      calendar

                      S M T W T F S
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << April 2020 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM