美容整形を受ける

0
    小学校の非常勤講師をしていた時のこと。

    出勤し、校庭を通る時、受け持っていない6年生の男子児童にくすくす笑われるようになった。

    全然知らない児童である。

    すごく感じが悪いなと思っていた。



    なにかあおなの行動(歩き方とか)におかしなところがあったのだろうか?

    笑われるのは、毎日のことだったが、ある時6年生男児の群れから、

    「あいつ、ホクロが多い・・・。」

    という声が聞こえてきた。

    (教師を『あいつ』呼ばわりである。)



    その夜、鏡をつくづくと見た。

    全然意識したことはなかったが、確かにホクロは多かった。

    ホクロを切除したら、どうなるだろう?

    児童は笑わなくなるだろうか?



    非常勤講師の仕事は2月末で終わる。

    新学期まで1カ月あるので、たとえ傷の治りが遅い場合でもだいじょうぶだろう。

    あおなは、2月末を待ち、美容外科へ行き、ホクロを切除してもらった。



    あおなは4月から違う学校に勤務したが、相変わらず児童・生徒とはうまくいかなかった。



    考えてみれば、あおなのことをくすくす笑った児童の担任の顔には、あおなよりもっと大きいホクロがあった。



    ホクロのあるなしではないのだ。

    もっと大切なもの。

    それがないと、仲間とみなされないようなもの。

    あおなにはそんな何かが欠落しているようだ。








    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村


    1

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << November 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM