選書に悩んでいます

0





    わたしは、ダブルワークをしているので、週一日しか休みがありません。

    今日は、その貴重な休みの日でした。

    年賀状をPCで作り、郵便局に出したり、父親の年金関係の手続きをしたり、

    睡眠導入剤をもらいに行ったりするので、1日があっという間に過ぎていきます。



    学校図書館でもスミヨシ大学図書館でも、

    他の司書さんたちとの関係は良好で、いやなこともありません。

    学校図書館では、

    (もう少し、選書をがんばりたいな。)

    という気持ちがあります。

    毎月、1人が2万円分くらいの本を選べるのですが、

    ボロボロさんは(どうしてこの本を選んだの?)とわたしが感じる本を選ぶことがあります。

    でも、それを指摘したら、

    彼女は自信をなくしてしまうでしょう。

    だから、黙って受け入れています。

    もう1人の司書さんは、

    自分で買ったり、本屋で立ち読みしてきたりして本を選んでいるそうで、

    (さすが・・・。)という感じの本選びをしています。

    わたしはというと、とにかく時間がないし、

    本屋の店頭で立ち読みする度胸もなく、

    新聞の書評や、学校図書館の専門誌を参考にして選んでいるので、決してエラそうなことはいえません。 

    なにか選書の決めてになるものはないか。

    もしよいツールをご存じの方がいらしたらお教えを請いたいです。




    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村






    新しい司書さん

    0




      スミヨシ大学図書館に新しく来た司書さんは、

      今まで、接客業についていたということで、とても愛想がいい。

      大学生以外の来館者に説明するときも、

      わたしなら、

      「学習室は学生さん専用ですので使えません。」

      と言うところを、

      「学習室は学生さん専用ですので、申し訳ないんですが使えません。」

      と一言添えている。

      そして、いつもニコニコしているので、とても感じがいい。

      こういうことって、積もり積もれば大きいのではないか。



      そして、わたしも、他人の会話を「聞く」ことができるようになったのだと思う。

      こういう会話って、ホームヘルパーの仕事でも、

      他のヘルパーさんと利用者さんの会話を何度も聞いていたと思うが、

      わたしは何も学ばなかったし、

      どんなことを話しているのか、興味を持ちもしなかった。

      きっと大事なことって、そこなのだと思う。

      今、わたしは初めてコミュニケーションの入り口に足を踏み入れたのかもしれない。




      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
      にほんブログ村





      1次試験に合格する

      0







        月給20万円の仕事に応募することは以前書きましたが、

        その1次試験の結果が今日届きました。

        結果は「合格」でした。

        さらに、2次試験があるので、どうなるかはまだわかりません。

        なりたくてしかたがなかった図書館司書の仕事ですが、

        ダブルワークをしても、合計の月収10万。

        待遇が悪く、病気になっても休みもとれないというのは、

        これから高齢になっていくわたしにはつらいです。



        新しい仕事は、有給もあり、夏休みもあるというのが魅力です。

        2次試験は来月です。

        とくに試験対策などはないのですが、気持ちを引き締め、合格できるようにしたいと思います。






        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
        にほんブログ村




        委任状という攻撃

        0





          今日、明日と学校図書館の仕事が休みです。

          わたしにとって、2連休なんてすごくありがたいこと。

          前々から、

          (どこかへ行こうかなぁ?

          苦手なデパートに思いきって行ってみようか?)

          なんて思っていたのですが、

          土曜日に父親の年金関係の手紙が来て、

          たのしい計画は崩れ去りました。



          その内容を見てみると、これからも年金をもらい続けるために、

          「住民票をとってくる。戸籍抄本でもいい。」

          と書いてあるので、まず、市役所へ行き住民票をもらおうとしました。

          すぐ発行してもらえそうに思えたのですが、

          結局わたしと父親の世帯が違うということで、

          老人ホームにいる父親に委任状を書いてもらわなければ住民票はとれませんでした。

          (また委任状か・・・。)

          わたしは、最悪な気分で市役所を出ました。

          父親はまだしっかりしていますが、字を書くのがだんだんできなくなってきているのです。

          委任状をまちがいなく書かせるのは大変です。

          そして、しばらく歩いたのですが、

          (ちょっと待てよ。)

          と思いました。

          書類には、

          「戸籍抄本でもよい。」

          と書いてあったはず。

          市役所まで戻り、戸籍抄本を請求すると、これがだいじょうぶだったのです。

          次に銀行に行き、窓口の人に用紙に銀行員を押してもらいました。

          お休みの午前中が、たったこれだけで終了してしまいました。



          しかし、これには続きがあります。

          老年年金請求書に書いてある勤務期間が異なるのではないかと、

          年金機構に相談に行こうとしたら、

          やはり「委任状が必要。」ですって。

          また委任状?

          やれやれ・・・。




          にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
          にほんブログ村







          芽が出てきた!

          0






            花のタネは、10月頃、地温の高いときにまくものだろうけれど・・・。

            そのころ、父親の入院騒ぎで忙しかったわたしは、

            タネをまきそびれ、

            11月の末の休日にまきました。

            もう芽は出ないのではないかなぁと思いながら。

            そうしたら、芽が出たんです!

            かわいい双葉が出ています。

            これから、朝天気がいいときは外で太陽にあて、

            夜気温が下がるようになったら、玄関のたたきに入れてやろうと思っています。

            今回まいたのは、ストックとスイートピーです。

            なんとか冬越えさせ、春には定植させてやろうと思っています。



            花のタネのまき方は、○○県で理科の講師をしていたときに教わりました。

            目下の心配は、ときどき家に帰ってくる子どもたちが、

            玄関の花の苗を踏みつけないかと言うことです。




            にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
            にほんブログ村





            他の司書さんの生活にショック

            0





              先日、学校図書館の仕事の研修がありました。

              研修は5時に終わり、その後の交流会が6時からで1時間の空きがありました。

              わたしは、近隣の学校の人に、

              「駅前にイルミネーションがあるから見に行こう。」

              と誘われ、イルミネーションを見に行きました。

              そのあともまだ時間があったので、その人は、

              「デパートに行こう。」と言い出しました。

              (えっ、デパート?)

              わたしは、驚きました。

              デパートはわたしには縁遠い場所。

              正直、なじみが薄く、入りにくいです。

              しかし、その人はずんずん入って行き、

              「FAUSHONおいしいんだよねー。」

              とFAUSHONの売り場に入っていくのです。

              わたしもFAUSHONという名前は知っているけれど、買ったことなんてない。

              幸い、夕方遅かったので、ほとんどのパンが売り切れでした。

              その人は買えなかったし、

              「あおなさんは、買わないの?」

              なんて言われず、助かりました。

              話を聞いていると、

              その人は、時々新宿のデパートに遊びに行っているようです。

              わたしは、すごく驚きました。

              わたしは、経済的な理由で、デパートなど行ったことないのに・・・。

              夫と一緒に暮らしている人って、ずいぶん優雅な生活をしているんだなー。

              別世界を垣間見たようでした。




              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
              にほんブログ村






              雪の季節の心配事

              0





                わたしが今、心に1番引っかかっていることは、○○県の家のことです。

                この家は、夫とわたしの共有のもので、10年間空き屋になっています。

                この秋、この家に行ったのですが、カビがはえたりして

                「家がかわいそう。」な状況になっていました。

                夫は、家庭裁判所で、「月1回くらい家の空気の入れ換えに来ますよ。」

                と言っていたのに・・・。



                しかし、夫の言葉を信頼するのはもうやめましょう。

                伸びすぎていた垣根は、根元からすっぱり伐採したことで解決しました。

                もう一つの悩みは、冬雪が降っても、

                わたしの家の前だけ除雪してくれる人がいないことです。

                こういうこともシルバー人材センターに頼めるのかな?

                訊いてみようと思います。





                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                にほんブログ村









                ガン検診にひっかかる

                0





                  11月5日に、父親の白内障手術がありました。

                  わたしは、前々からその日胃ガン検診の予約をしていたので、

                  自分は胃ガン検診を優先し、父親の入院には長男に付き添ってもらったのですが、

                  検診を受けていてよかったです。

                  昨日結果が届き、「要精密検診」。

                  もしかしたら、胃ガンなのかもしれません。



                  父親は老人ホームにいるのですが、

                  「自分をクリニックに連れて行って。」

                  と頻繁に電話がかかってきます。

                  しかし、まず私が精密検査を受け、

                  ちょっとリラックスしてから(時間をおいてから)

                  父親に対応しようと思います。



                  90歳の父親より60歳のわたしの方を優先してもいいでしょう。

                  それで、老人ホームに電話をかけ、

                  職員さんに、

                  「わたしは、胃ガンかもしれないので、

                  父親に家に電話をかけるのを控えるように伝えて下さい。」

                  とお願いしました。

                  毎月1回、ケアマネさんとも老人ホームで面会しているのですが、

                  12月は、

                  「胃ガンの精密検査があるので・・・。」

                  とキャンセルしようかなぁ?



                  胃ガンか、胃ガンじゃないのかわかりませんが、

                  とにかくこのモラトリアムを精一杯活用しようと思います。

                  なんか、楽しい気分になってきました。






                  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                  にほんブログ村







                  父、老人ホームから退所したいと言いだす

                  0





                    今日は、めずらしい2連休。

                    きのう新しい仕事への応募を済ませたので、父のいる老人ホームに行ってきました。

                    父は11月に白内障の手術を済ませたばかりなのですが、

                    そちらの方はすっかりよくなったようでした。

                    そして、こんどは、

                    「自宅のあるスミヨシ市の医院に受診したい。」

                    と言い出しました。

                    父の老人ホームには総合病院が併設されていて、

                    2週間に1度医師の往診があるのに、それでは気がすまないようです。

                    現在鼻からチューブで酸素導入をしているのですが、

                    「これはもう必要ないのではないか。

                    スミヨシ市の医院で診てもらって、もし不要なら酸素はやめたい。

                    そして自宅に帰りたい。」

                    というのです。

                    いったい何を考えているのだか・・・。

                    自宅に帰ったら、食事はどうするの?

                    車いすだから、当然動きに制限があるのですが、

                    その対応はどうするの?

                    定期的な通院が必要でしょうが、誰が病院に連れて行くの?



                    そして、ダメ押しのように、夕方電話がかかってきました。

                    父は白内障の治療で病院に行きましたが、

                    そのときのタクシー代が高額に思えたらしく、

                    「スミヨシ市内のタクシー会社で車いす対応のところを探してくれ。」と。

                    「その方が安いだろうから。」と。

                    車いす対応のタクシーは、大型で、普通のタクシーとは車の種類、そして運転手さんの免許からして違うんですよ!

                    ですから、料金が違うのは当たり前です。

                    わたしも、休日はだいたい週1度しかありませんし、

                    こんなワガママにつきあっている暇はありません。

                    父は「12月中に受診してカタをつけたい。」

                    と言っていました。



                    わたしは、父から電話がかかってきても、出ないようにしています。

                    留守のときは留守電なのは当然ですが、

                    在宅のときも、留守をよそおって聞くだけ聞いて応答はしません。

                    老人ホームから退所したいといわれても、私は断るつもりです。





                    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                    にほんブログ村






                    転職の手続きを進めています。

                    0






                      きょうは、久しぶりの休日です。

                      朝からがんばって、月給20万円の仕事の応募用紙を書きました。

                      志望動機書、資格証のコピー、結果返送用の封筒も忘れずいれ、

                      郵便局で提出してきたところです。

                      2年前、保育補助を止めるときは悲しかったけれど、

                      やはり、学校図書館の仕事をして、PCで写真やイラスト入りの掲示物作りができたのはよかったです。

                      今回の仕事にも、

                      「ワード、エクセルに慣れていますか?」というチェックポイントがありました。

                      保育補助の仕事は楽しいのですが、PCにはまったく触れないし、

                      大学図書館の仕事も、資料の検索くらいで掲示物作りなどはしません。

                      わたしは、内心

                      (図書館の中にキラキラ、ピカピカの掲示物なんて、バッカじゃないの?)

                      と小馬鹿にしていたのですが、

                      今回の仕事では、こういう「バカみたいな掲示物作り」の能力が役立つかもしれません。

                      1次試験の結果は12月中旬なので、判明したらまた報告いたします。





                      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                      にほんブログ村









                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM