司書資格をとるのはムダなのか?

0





    まんぜんとネットを見ていたら、

    「図書館司書の資格をとろうと思うが、どう思いますか?」

    という質問をした人がいて、

    「そんな資格をとるのはムダです。やめたほうがいい。」

    という回答が、ベストアンサーに選ばれていたけれど・・・。



    そんなことないと思いますよ!

    図書館司書の資格は、わたしの場合、ムダにはなりませんでしたし。

    それから、わたしの場合、最も役にたったのは、

    英文タイプかな?

    35歳の時に、通訳案内士の試験に受かったので、

    「これから英語のお仕事をするんだ。

    そのためには英文タイプくらい使えなければ。」と思い、習いに行ったのです。

    まだ、PCが普及する前でした。

    結局、通訳のしごとはできそうにありませんが、

    英文タイプをならったおかげで、パソコンにはすぐ慣れました。

    何か学んでおいて、それを形にしておく(たとえば資格をとる)のは、

    すぐにではなくても、いつか役に立つ、とわたしは思います。






    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
    にほんブログ村










    他の先生のメロンを食べる

    0









      きょうは、月に1回ある保育園の土曜日勤務の日でした。

      朝7:00から12:30まで、保育やそうじをし、給食もいただいて帰ってきました。

      いつも、平日は保育補助のしごと、

      土・日は図書館でのしごとなので、夕方在宅できることはめったにあいません。

      貴重な夕方。

      きょうは、髪の毛を染めたり、ていねいに夕食を作ったりしたいと思います。



      きょう、保育園で給食を食べるとき、失敗しました。

      メロンが2切れあったのですが、わたしは、2つとも食べ、

      食べ終えてから、

      (1つはわたしのあとに食事する保育士の先生のためのものではないか?)

      と気がついたのです。

      謝っておきましたが、ご本人は

      「だいじょうぶですよ。」と笑っていました。

      来週出勤したとき、ちょっとしたモノ(チョコレートの小さいのでも)をもっておわびしようと思います。



      どうやらわたしは、ずうずうしすぎる人間らしい・・・。

      メロンを食べる前に気がつけたらよかったのだけれど・・・。




      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
      にほんブログ村










      ほっと一息

      0









        今週は、

        月曜日 図書館勤務

        火曜日  ホームヘルパーの仕事 保育園

        水曜日 保育園 保育園の研修

        木曜日 図書館

        と忙しかったです。

        金曜日のきょうは、まず髪がのびて気になっていたので、

        美容院へ行き、そのあと駅前のスターバックスに行こうと思いました。

        ところがついてみると、スターバックスはまだ閉まっています。

        10時開店なんだそうです。

        そのかわりに、やはり駅前にある喫茶店でコーヒーを飲みました。

        たったこれだけのことでも、ずいぶん気分転換になりました!

        喫茶店では、わたし以外の人たちはみんなモーニングセットを食べていました。

        コーヒーを飲みながら、店員さんたちのことばを聞いていると、

        「うけたまわりました。」

        「少々お待ちください。」

        などの接遇用語をきちんと使っています。

        これは・・・。

        常識なのか、それともコーヒー店の店員さんのような(たぶん学生のバイト)仕事でも、

        きちんと研修があるのか・・・。



        いつも利用しているソバノスーパーでは、レジの人たちはあまり対応がうまくないので、

        コーヒー店の店員さんの話し方を聞いているだけでも、とても勉強になります。

        きょうは、これから、夕飯の支度をし、保育園に行ってきます!





        にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
        にほんブログ村





        図書館の照明をつけっぱなしで帰る その2

        0












          図書館の照明をつけっぱなしで帰宅し、もう家についてから、

          上司1さんから電話がかかってきました。

          上司1さんは、「あおなさんたちにはもう少し図書館に残っていてほしかった。」

          という内容のことをいわれました。



          わたしは、ホームヘルパーとして働いたりした経験から、

          (こういう時はひたすら謝ったほうがいい。)

          とわかっていたので、

          「申し訳ありません。」とか、

          「ご迷惑をおかけしました。」

          などということばをたくさん使って、上司1さんとの会話を終えました。



          わたしが驚いたのは、その1週間後のことです。

          ふたたび、図書館に行くと、その日のハケンのメンバーは、

          1週間前に一緒だった司書1さん、数か月に1度しか来ない司書2さんの2人と一緒でした。

          この司書2さんは、もちろん照明のトラブルには、遭遇していません。

          それなのに、

          わたし「司書1さん、先週はたいへんでしたね。」

          と声をかけると、

          司書2さん「ほんとうにたいへんだったわねぇ。」

          と共感してくれ、

          司書2さん「照明コントロールパネルがフリーズしてしまったなら、

          もうどうしようもないですよ。」

          などと同調してくれるのです。

          おかげで、わたしはすごくいい気分になれたのです。



          これが、定型発達者の「共感能力」というものか・・・。

          わたしが司書2さんの立場だったら、

          「わたしは先週来なかったし、知りません。」という態度をとっていたと思います。

          この、「わたしは知りません。」という態度、

          あんがい周囲の人にとって、感じわるいものかもしれません。



          かといって、なにも感じていないのに、口先だけで、

          「たいへんでしたねー。」なんて言うのは、すぐ相手に見透かされてしまうと思うし・・・。

          これはむずかしいです。

          (ホームヘルパーさんたちは、PC使わないので、なんでもブログに書けるけど、

          司書さんたちはひょっとしたら読むかもしれないので、

          これ以上書けません。もっと書きたいことあるんですけど・・・。)








          にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
          にほんブログ村










          図書館の照明をつけっぱなしで帰る

          0













            わたしが働いているスミヨシ大学図書館の照明は、

            コンピュータで一括管理しています。

            わたしたちが退館する時刻に照明を消すはずなのですが・・・。




            1週間前、その照明を管理するパソコンがフリーズしてしまったのです。

            どこをどうしてみても復調しません。

            照明の担当は司書1さんなので、守衛室に電話をかけ、

            司書1さん「守衛さんですか?

            図書館ですが、照明が消せなくなってしまったんです。

            照明の管理をうけおっている会社はどこですか?」

            なんて問い合わせまでしていました。



            司書1さんはすごい。

            わたしは、管理会社に問い合わせるなんて、夢にも考えつきませんでした。

            司書1さんは電話をおえると、

            司書1さん「きょうは、日曜日なので管理会社もやっていないんですって・・・。」

            この時点では、もうすでにハケン会社の上司1さん、上司2さんには電話をかけてありますが、

            お2人とも電話に出ませんでした。



            わたし「ハケン会社のフリーコールに電話をかけてみませんか?」

            司書1さん「わたしの電話、着信制限をしているので、あおなさんからかけてくれませんか?」

            これは、ハケン会社の人(上司1さん、2さん)以外から、おりかえし電話があった場合、

            司書1さんのケータイには着信できないことをいっているのです。

            わたし「はい。」

            といって、ハケン会社のフリーコールにかけ、オペレーターさんに状況を説明し、自分の電話番号も伝えました。



            その後、ハケン会社のハセベさんという人から電話がありました。

            ハセベさんは上司1さん、上司2さんのさらに上の人だと名乗ったうえで、

            ハセベさん「きょうは、照明はつけっぱなしでいいです。

            もうお帰りください。」

            といわれました。



            スミヨシ大学図書館は、地下1階、地上4階の建物です。

            そんな大きな建物の照明をつけっぱなしで帰るなんて・・・。

            わたしと司書1さんは、心残りでしたが、しかたなく退館しました。







            にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へにほんブログ村






            図書館でのイベントを見て

            0









              きょう、スミヨシ大学図書館で、学校司書さんたちの集まりがありました。

              学校司書というのは、小・中・高等学校の学校図書館ではたらく司書さんたちのことです。

              わたしは、10年前まで○○県の公立学校で講師をしていましたが、

              どの学校にも、司書さんなんていませんでした。

              だから、(学校司書とはあまり歴史のないものなんだろう。)と思っていたのですが・・・。



              きょうスミヨシ大学に集まってきた人たちを見て、驚きました。

              若い人は少なく、ベテランという感じの人ばかりです。

              ○○県には配置されていなかったけれど、

              ほかの都道府県、市町村では違うのじゃないか。

              学校図書館に力をいれているところもあるのでしょう。



              きょう集まってきた人たちは、わたしは、出入りするところをちらっと見ただけですが、

              みなさん風格があり、司書という自信をもって仕事をしている人たちのようでした。

              いろいろな世界があるんだ・・・。

              あらためてそう思いました。






              にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
              にほんブログ村






              NDCを覚えています

              0











                図書館で働いている方には、

                「なにをいまさら・・・。」と笑われそうですが、

                わたしはいま、NDC第2次区分というのを覚えています。

                図書館の本に「010」とか、番号が振ってある、あれですね。

                第1区分は0(総記、情報科学)から9(文学)まであり、

                10種類です。

                これは、なんとか覚えました。

                第2区分は、01から99まで、100種類あります。

                これはちょっと難関ですが、NDCを知っていると、

                図書館の棚がまた違った顔を見せてくれるのです。 



                (なんでこの本がこの棚にあるのか?)

                今まで、貸し出し返却とか、磁気をかけるのに気をとられていて、

                考えもしなかったことが、わかってきて、おもしろいです。

                きょうも図書館の仕事、がんばって行ってきます!








                にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                にほんブログ村




                「0655」に夢中です

                0














                  「0655」というのは、Eテレで放映している朝6時55分からの番組です。

                  わたしは、毎日楽しみにしています。

                  わたしが好きなのは、今放映されている「さらばシリーズ」。

                  これは、(あたりまえだ。)とか、(そういうものなんだ。)と思いこんでいた地名を、

                  (えーっ、こんな由来があったの!)と感じさせてくれるものです。



                  わたしが0655を見始めてから、まだ1年とたたないので、

                  わたしが知らないシリーズも多数あったと思いますが、

                  「すばらしき哉、世界」というのもお気に入りです。

                  これは、海の底深くとか、わたしたちの知らない頭上でとか、○○研究所の実験室で行われている

                  さまざまな不思議な現象を描いたものです。



                  0655の姉妹番組で、2355というのも深夜放映されているらしいですが、

                  こちらのほうは、もう寝ている時間帯なので見たことはありません・・・。

                  みなさん、1度見てみてください。

                  たった5分間の番組ですが、楽しめますよ。






                  にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                  にほんブログ村







                  教員退職後に保育士になる

                  0








                    9月11日(日)の朝日新聞に、

                    「教員を定年退職後、保育園でアルバイトをしていて、保育の仕事に興味を持った。

                    保育士資格をとり、保育士になろうと思うが、どうだろうか?」

                    という人生相談がよせられていた。



                    定型発達の人っていいな。

                    わたしには勤まらなかった教員を、定年までできたということだけでも十分うらやましい。

                    同僚、教え子、その親御さんたちとの人間関係も、じょうずにやってきたのだろう。

                    それからわたしと同じように保育園でアルバイト。

                    ただこの相談者はわたしとは違い、

                    「保育士資格をとりませんか?

                    もしとれれば、常勤職員にしてあげますよ。」

                    などと、園長先生から声をかけられているのだろう。



                    回答者は、

                    「きっと保育士があなたの天職です。ぜひ保育士になってください。」と励ましていた。

                    小学生40人を統率できる人は、保育園児も統率できるよね。

                    「うらやましい。」という気持ちと、

                    「なんでこの人、新聞なんかに相談を寄せたのだろう?」という気持ちがわいた。

                    わたしが同じ状況なら、なんの迷いもなく保育士資格をとるだろうと思うからだ。

                    社会性のある定型発達の人って、

                    「他人から見たらどう思われるか。」など、ためらいを感じるのだろうか?






                    にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                    にほんブログ村







                    司書1さんの心づもり

                    0







                      きょうは図書館での仕事の日だった。

                      図書館にて。



                      司書1さん「『おにたのぼうし』という本がなくなってしまって・・・。」

                      司書2さん「絵本はよくなくなりますよねぇ。」

                      なんて話して、盛り上がっていた。



                      わたしは、こういう話は全然ついていけません。

                      「おにたのぼうし」という本も初めて聞きました。

                      司書1さんは、1歳のお子さんのいる女性なんだけれど、

                      こわれかけた本の補修とか、どんどん機転をきかせてやる人。

                      図書館の知識もすごく持っているらしい。

                      土・日曜にスミヨシ大学で図書館の勤務を再開できて、

                      喜んでいるのだろうと、わたしはかってに思っていた。

                      でも、そうではなさそうだ。

                      司書1さん「うちの子、来年から保育園に預けようと思うんです。」

                      わたし「土曜、日曜だけの勤務でも、保育園は受けいれてくれるんですか?」

                      司書1さん「いえ、もともと働いていた図書館にもどろうと思うんです。」



                      えーっ、そういう心づもりなんですか!

                      そうですよね。

                      土曜日は開園する保育園もあるだろうけれど、日曜日は保育園は休み。

                      スミヨシ大学での土・日の短時間勤務では、ベテランの司書1さんにはもの足りないよね。

                      なんといっても、1人でおはなし会まで開けるくらいの力を持っているのだもの。



                      図書館の世界って、すごく奥がふかそうだ。

                      各図書館に、力を持っている人がたくさんいるのだろうな。





                      にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
                      にほんブログ村










                      calendar

                      S M T W T F S
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << September 2016 >>

                      selected entries

                      categories

                      archives

                      recent comment

                      • 良いことも悪いことも、みな自分に原因がある
                        ジュン
                      • 良いことも悪いことも、みな自分に原因がある
                        あおな
                      • 良いことも悪いことも、みな自分に原因がある
                        ジュン
                      • 転倒したこと
                        あおな
                      • 転倒したこと
                        お初
                      • ポケモンつかまえた、レクチャーもした・・・。
                        あおな
                      • ポケモンつかまえた、レクチャーもした・・・。
                        関西人
                      • こんどはわたしがレクチャーされた!
                        あおな
                      • ごみ袋をもらいに
                        めだか
                      • 自転車をひいたおじいさん
                        めだか

                      links

                      profile

                      search this site.

                      others

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM